にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京浜急行電鉄のグループ会社、京急ステーションコマースより、 「Bトレインショーティー 京急電鉄デト11・12」が、2014年5月26日より発売となりました。(京急ファミリー鉄道フェスタで先行販売)

一般販売開始後、早速、1箱購入して、動力を入れずにNゲージ(鉄道模型)化しました。
※N化には、別途、トレーラー台車やパンタグラフなどのパーツ購入が必要となります。
(写真1 Bトレ 京急デト11・12 Nゲージ化・動力化前)
Bトレ 京急デト11・12 Nゲージ化・動力化前

せっかくなので、このセットもご紹介します。
実車が2両編成のため、この1箱で編成を組むことができて、SGフレームとなっています。
(写真2 Bトレ 京急デト11・12 化粧箱・表)
Bトレ 京急デト11・12 化粧箱・表

裏側には、デト11・12や組み立て方の説明の一部などが書かれています。
また、側面には、動力ユニットの指定も書かれていて、動力化できるのか?と、期待です。
(写真3 Bトレ 京急デト11・12 化粧箱・裏)
Bトレ 京急デト11・12 化粧箱・裏

つづいて、Bトレ 京急デト11・12のパーツを、袋から出して並べてみました。
屋根の色が実車と比べて、かなり濃い色な気がします。
(写真4 Bトレ 京急デト11・12のセット内容)
Bトレ 京急デト11・12の内容

ちょっと、うれしいのは、更新後・更新前の2種類の前面パーツが入っています。
ただし、更新前の前面パーツは1個しか入っていないため、編成を組みためには、2箱購入する必要があります。
なお、台車も前面パーツの数分だけ、新・旧用意されています。
(写真5 デト 更新後・更新前の2種類の前面パーツ)
デト 更新後・更新前の2種類の前面パーツ

そして、なぜか、救援車のコンテナが、1個のみ入っています。実車とは異なりますけれど、これを使って動力化するということになっているためです。
ちなみに、デト15・16などの救援車は、側面が違う(ドアと戸袋がない)ので、製作する場合は2箱用意して、改造か雰囲気を味わうという感じになります。
(写真6 救援車のコンテナ)
救援車のコンテナ

Bトレとしての組み立ては、通常とは異なる切断箇所などがあり、また、説明書きが不十分なところもあるので、多少戸惑うかもしれません。
しかしながら、そんなに難しいわけではありませんので、かわいいデトを組み立てて飾っておくと、ハッピーな気分になれる?のではないかと思います。

Twitterでは、先行して写真を掲載していますが、動力化・ライト点灯化に向けての作業も進んでいます。
関連の記事は、製作の進行に合わせて、随時掲載を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する