にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2014年5月25日(日)に、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2014」が、京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された話題の続きです。

更新中の車両が見られる特修工場には、2100形が多く並んでいました。奥には赤い2100形、手前には帯のクリーム(アイボリー)色をした2100形です。
KEIKYU YELLOW HAPPY TRAINを見た後ですと、これは、西武の白い電車(多摩川線・101系)かと思ってしまいます。
(写真1 特修工場の2100形など)
特修工場の2100形など

つづいて、環境クイズラリーポイントの一つでは、省エネルギー車両に関することなども書かれていました。それにしても、新1000形ステンレス車の数の多さが目立ちます。
(写真2 テーマは「エコ」)
テーマは「エコ」

こちらの運転台撮影も、新1000形ステンレス車です。
(写真3 運転台撮影の新1000形ステンレス車)
運転台撮影の新1000形ステンレス車

そして、いつもと同じでありながら、何かが違うように見えたのが、保存車両のデ1形・デ51形です。きれいになり、内覧会も行われました。
(写真4 きれいになったデ1形・デ51形)
きれいになったデ1形・デ51形

このほか、地味なところでは、作業用の車両も各種見ることができました。
また、この近くでは、京急電鉄の数々のイベントに登場するようになった広報課の飯島さんはじめ、鉄道系イベントで活躍されている有名な方々のイベントも行われました。
(写真5 作業用の軌陸車など)
作業用の軌陸車など

ここからは、会場外の話題として、無料シャトルバスです。
(写真6 無料シャトルバス)
無料シャトルバス

バスのほかにも、「お帰り臨時列車」が今年も運行されました。会場近くの北久里浜第3踏切から見た様子です。
(写真7 お帰り臨時列車)
お帰り臨時列車

会場から駅までは、一緒に会場を回っていただいた「無責任な部屋?」の無責任男。様から、「北久里浜駅へ向かわないか」という提案があり、初めてながら、そちら方面に歩いて行きました。
そうしましたら、あと少しで北久里浜駅に着くかというところで、公道を走る黄色い“RESCUE”軌陸車に出会いました。なんとなく、“ハッピーイエロー”です。
(写真8 公道を走る黄色い“RESCUE”軌陸車)
公道を走る黄色い“RESCUE”軌陸車

無事に迷わずたどり着いた北久里浜駅には、売店の“京急ステーションストア”がありました。おとどけいきゅう鮫洲店を思わせる雰囲気です。
(写真9 北久里浜駅の売店)
北久里浜駅の売店

最後は、京急久里浜駅から、フェスタ会場へ向かう途中のことになります。
JR横須賀線・久里浜駅前のコスモス・ポピー広場には、ポピーが一面に咲いていました。ほっと、和み、癒やされます。
(写真10 JR久里浜駅前のコスモス・ポピー広場)
JR久里浜駅前のコスモス・ポピー広場

2回に渡り、「京急ファミリー鉄道フェスタ2014」の話題を簡単ですが、まとめてみました。
短い時間でしたが、とても楽しいひとときとなりました。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する