にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型「アルテシア渋谷店」の話題の続きです。今回は、短い時間ながら楽しんだ車両などを中心に書いていきます。

“渋谷店”ということで、山手線・103系のNゲージを持って行きました。
レンタルレイアウトでは、こういった長めの車両もきれいに撮れるのがうれしいところです。
(写真1 山手線103系 Nゲージ)
山手線103系 Nゲージ

つづいて、テストをかねて走らせてみたかった京浜東北線103系で、非冷房車を含む編成にしています。
この車両を初めて走らせて気がついたのは、パンタグラフがホームに引っかかってしまいました。一緒に行っていただいたntmuseumさんが、「新・旧製品で幅が違うから」と教えてくださいました。※あと、いつものBトレ小田急8000系を持って行きました。
(どこも)レンタルレイアウトでは、すべての車両や規格に対応しているわけではないので、はじめの1~2周は車両を壊したり、脱線などによって他の方の車両に支障を来さないよう、低速で様子を見ることが大切だと思います。
(写真2 京浜東北線103系 Nゲージ 非冷房車を含む編成)
京浜東北線103系 Nゲージ 非冷房車を含む編成

そして、このほかntmuseumさんは、EH500などの電気機関車と貨車などを持参されました。
(写真3 電気機関車 Nゲージ EH500ほか)
電気機関車 Nゲージ EH500ほか

電車系では、北越急行681系2000番台 Nゲージなどもあり、レイアウトの地方風な情景とマッチしているように感じました。
(写真4 北越急行681系2000番台 Nゲージ)
北越急行681系2000番台 Nゲージ

さらに、特別車両を連結したE655系なごみも、新しいレイアウトにはぴったりでした。
(写真5 E655系なごみ)
E655系なごみ

前回の記事でも書きましたように、レンタル開始は暫定的なもので、これから充実していく楽しみがあります。
あと、作りながらということもあり、一部集電がよくない箇所もあります。このあたりは、これから改善されるものと期待していますし、他線が空いていれば途中で変更をお願いすることもできますので、上手に利用して楽しんでいただければと思います。
※暫定開始によるオープニングセールということで、現在、レンタル料金も安く設定されています。

あと、おまけの写真として、渋谷駅前で見かけた都営バスの旧塗装ラッピング車です。
登場時の騒動も含めて、いろいろと懐かしく感じます。
(写真6 都営バスの旧塗装ラッピング車)
都営バスの旧塗装ラッピング車

話は、アルテシア渋谷店にもどりますが、これから、もう少し情景も増えていく変化は、次回来店の際の楽しみです。また、高架橋も提供者も現れて、1日も早く完成に向かっていくことを願っています。

アルテシア渋谷店(トレカコム 渋谷店)
JR・山手線ほか各線、東急線、京王井の頭線、東京メトロ
渋谷駅下車 (渋谷マークシティ 、SHIBUYA 109 近く)
営業時間 12:00~19:30
定休日 木曜日(年中無休に移行予定)

(URL アルテシア渋谷店 地図・連絡先など)
http://www.artesiajp.com/?mode=f2

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する