にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型(N・HOゲージなど)の買取・販売や、Nゲージのレイアウトをレンタルしている「アルテシア秋葉原店」での運転会に、先月(2014年4月に)参加させていただいたときの記録です。

アルテシア秋葉原店は、販売コーナーとレンタルレイアウトがすぐ近くで、週末だったこともあり、たくさんのお客さんで賑わっていたため、ようやく撮影できたものからという感じになります。

この店舗のレイアウトでは、やはり秋葉原の中央通りを再現したシーンがおもしろいと思います。
ただ、だいぶ荒れ始めてしまっていて、どこのレンタル店でも同じですが、凝った情景を維持していくのはとても難しいと感じました。
(写真1 アルテシアのジオラマから秋葉原の情景)
アルテシアのジオラマから秋葉原の情景

このほかにも、田舎風ではあるものの都営バスが並ぶ車庫や、トラックなどが並ぶ営業所のようなシーンもあります。
(写真2 都営バスが並ぶ車庫やトラックなど)
都営バスが並ぶ車庫やトラックなど

さらに、車両を載せ替えて陸送すると思われるこだわりのシーンも見られます。
レイアウト全体としては狭いものの、よく見ると各シーンは工夫がみられて楽しいと思いました。
奥には、メンバーの東京メトロの車両も見えます。
(写真3 車両を陸送するシーン)
車両を陸送するシーン

数少ない車両の写真からは、湘南色の車両と京浜東北線の混色編成など昭和を感じさせる一コマです。
(写真4 昭和を感じさせる列車の鉄道模型)
昭和を感じさせる列車の鉄道模型

あとは、マイ車両として山岳線を走行するBトレインショーティーの小田急8000形です。
Bトレにはかなり厳しい線でした(うち一線は、走行不能)けれど、やはり情景はいい感じです。
ちなみに、カトーの動力を入れた京浜急行1500形のBトレは、助走をつけないと上れませんでした・・・。
(写真5 山岳線を走行するBトレ小田急8000形)
山岳線を走行するBトレ小田急8000形

ここで、ほっとするようなシーンとしては、鉄橋の奥に牛などが見えるのどかな風景です。
平日に行けるようでしたら、こういったシーンをもっとのんびり楽しめるのではないかと思います。
(写真6 鉄橋の奥に見えるのどかな風景)
鉄橋の奥に見えるのどかな風景

あとは、いつものように、レンタルレイアウト店ならではの出会いもあります。今回は、となりで青い電車を持ち込まれていたお子さんとお父さんと、色々お話ししながら走行させることができたのも楽しかったです。(ありがとうございました。)

私よりも、参加された皆さんの方が、撮影しづらいといいつつもかなりいい記録を残されていました。
すでに、先月のうちにブログなどで紹介されていますので、リンクを貼っておきます。

Neko Transport Museum さん
 模型運転会 in 鉄道模型アルテシア(秋葉原)

庄龍鉄道 Nゲージ製作記 さん
 運転会 in アルテシア秋葉原

hira さん(YouTube動画)
 https://www.youtube.com/watch?v=AMUNuTgK_-g

毎回、いろいろなところのレンタルレイアウトを体験できるのは、とても楽しいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する