にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
都電荒川線の貸切車に乗せていただいた話の続きの3回目です。

普段は長く感じる乗車時間も、貸切車ですと景色を見て、写真を撮って、皆さんとお話ししていたら、あっという間に終点の荒川車庫前に着いてしまいました。
(写真1 貸切車終点の荒川車庫前)
貸切車終点の荒川車庫前

到着後は、車庫手前の降車ホームで降りることとなり、車両は早々に引き上げて行ってしまいました。
(写真2 車庫に入っていく都電荒川線の車両)
車庫に入っていく都電荒川線の車両

振り返ったて見たホームが寂しく感じます。
(写真3 荒川車庫前の降車ホーム)
荒川車庫前の降車ホーム

車両を追いかけて車庫の中をのぞくと、係の方が車両の屋根に上って作業をしていました。
(写真4 車庫内で作業中の様子)
車庫内で作業中の様子

そして、なんと車両はさらに奥へと引っ込んでしまい、トラバーサーで移動して行ってしまいました。
(写真5 トラバーサーで車両が移動)
トラバーサーで車両が移動

記念撮影は・・・と一同が唖然としていたところ、再び都電9000形の貸切車が現れました。
(写真6 再び現れた都電9000形の貸切車)
再び現れた都電9000形の貸切車

この後、担当の方の簡単な説明と敷地内の車両前で、記念撮影タイムとなりました。
貸切車もすてきでしたが、普通ならお目にかかることのない皆さんと出会えて、楽しいお話がたくさんできたことは、とても貴重な体験でした。
同窓会のイベントに参加させていただき、とても感謝しています。

都電荒川線については、車庫前の思い出広場と、三ノ輪橋について、別の記事の掲載を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する