にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
都電荒川線の貸切車に乗せていただいた話の続きの2回目です。

貸切中の車内でも、次の駅の案内が表示されます。これは、とても助かると思いました。
(写真1 貸切中でも表示される停車駅の案内)
貸切中でも表示される停車駅の案内

そして、荒川線はかなり高低差がある(早稲田-王子 間)のも面白いところです。
(写真2 高低差のある路線)
高低差のある路線

乗車したレトロ電車の運転台は、新型車両だけにきれいにまとまっています。
(写真3 都電9000形の運転台)
都電9000形の運転台

都電荒川線で特徴のある風景の一つ、大塚駅(大塚駅前)では、内回り・外回り山手線が止まっているところを車内から見ることができました。
(写真4 山手線と交差する大塚駅前)
山手線と交差する大塚駅前

貸切車は、途中乗降がありませんので、前の車両に途中から追いつきます。
(写真5 前の車両の後に続く 新庚申塚)
前の車両の後に続く 新庚申塚

すれ違った列車も、のんびりとた感じがしてすてきです。
(写真6 すれ違った都電7000形の車両)
すれ違った都電7000形の車両

都電荒川線 貸切車の話題は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する