にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2月3日(月)まで、あと数日となった京浜急行・大師線の川崎大師ヘッドマークと京急川崎駅前ビルの工事の様子を見てきました。

まず、今年の干支「午」のヘッドマークです。公募で採用されたものから、電車と馬を合わせたような感じで、かわいいでサインのものです。
(写真1 京急川崎(大)第1踏切から1501編成)
京急川崎(大)第1踏切から1501編成

そして、従来のデザインにやや近い感じがする採用作品のヘッドマークです。
(写真2 京急川崎駅大師線ホーム1513編成)
京急川崎駅大師線ホーム1513編成

お約束の位置からも、それぞれのベッドマークが取り付けられている車両を撮影してきました。
今年は、もっとも遅い記録となってしまいました。
(写真3 京急川崎駅大師線ホーム改札寄りから)
京急川崎駅大師線ホーム改札寄りから

さて、京急川崎駅いえば、京急川崎駅前ビルの建設が発表されてから、長いこと大きな進展が見られませんでした。
しかし、工事がはじまったと思っていたら、あっという間に大師線ホーム脇のビルは更地になっていました。
(写真4 建物が工事によりなくなった様子)
建物が工事によりなくなった様子

改札付近も工事により大幅に変わっています。
(写真5 改札付近も工事により大幅に変更)
改札付近も工事により大幅に変更

京急川崎駅の入口付近も、すっかり閉鎖されて工事が進んでいます。
(写真6 京急川崎駅の入口付近)
京急川崎駅の入口付近

せっかくなので、続いて神奈川新町駅前の新町(第1・第2)京急ビルの工事の状況も見てきましが、こちらは、後日掲載したいと思います。
関連記事
コメント
コメント
大師線もどんどん変わっています
Levalloisbee 様
いつも、ありがとうございます。
これまで、変化があまりなかった大師線もどんどん変わっています。
港町駅は、駅そのものがきれいになり、鈴木町駅はイトーヨーカドーなどができて周囲が変わり、産業道路駅付近は、立体交差化事業で、大きく変わろうとしています。
そして、大師線・川崎大師のヘッドマーク(干支の看板)も、公募制になりました。
大師線沿線に出かける機会も、最近は多めなので、これからも記事を掲載することがあると思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
2014/01/30(木) 14:56:36 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
看板、もといヘッドマーク
Levalloisbeeです。懐かしい大師線のご紹介ありがとうございます。とんと乗っていませんが、車輛も駅もずいぶんスマートになりましたね。でもお正月恒例の看板(ヘッドマークと言うんですね、初めて知りました)が昔ながらで良かったです。
2014/01/30(木) 00:07:57 | URL | Levalloisbee #CLAM/61k [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する