にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
箱根登山鉄道の話題は、強羅駅からの続きです。

以前の記事では、ケーブルカーが出発するところの写真でしたので、列車は遠くになり線路がよく見えるものにしました。
(写真1 箱根登山ケーブルカー 強羅駅から)
箱根登山ケーブルカー 強羅駅から

車両は、正面からのものを掲載します。シンプルですてきなデザインです。
ケーブルカー(鋼索線)については、終点の早雲山駅まで、すでに書いていますので、ここまでとします。
(写真2 箱根登山ケーブルカー 車両)
箱根登山ケーブルカー 車両

そこで、強羅駅構内の話になりますが、この日ははじめのうちは荒天だったため、ロープウェイや遊覧船は運行を見合わせていました。なお、この後は、急速に天候が回復して、よい天気になります。
(写真3 強羅駅 運行案内のLCD)
強羅駅 運行案内のLCD

そして、改札を出たところには売店があり、箱根登山鉄道のプラレールや鉄道コレクション(鉄道模型)などをはじめ、各種グッズを買うことができます。
(写真4 箱根登山鉄道のグッズなどがある売店)
箱根登山鉄道のグッズなどがある売店

また、売店の向かいは、きっぷうりばになっています。
(写真5 きっぷうりば)
きっぷうりば

その上に表示されている「運賃表」には、小田急線とともに、JR東日本(JR東海の東海道線の一部)の料金も掲示されています。
(写真6 運賃表)
運賃表

次回の箱根登山鉄道の話題は車両をご紹介して、別タイトルで入生田にある検車区の話へと移っていく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する