にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
箱根登山鉄道の話題の続きで、仙人台信号場、宮ノ下駅からです。
箱根湯本駅方面からの順番としては、仙人台信号場が先ですが、宮ノ下駅の紹介にはさむむ形で進めていきます。

宮ノ下駅には構内踏切があり、並んだ列車の写真を撮りやすいところです。
(写真1 宮ノ下駅 モハ2形と2000形)
宮ノ下駅 モハ2形と2000形
(写真2 宮ノ下駅 2000形と1000形)
宮ノ下駅 2000形と1000形

そして、駅舎や改札などもとてもきれいです。
(写真3 宮ノ下駅の改札)
宮ノ下駅の改札

列車内の線路側から見た宮ノ下駅もおしゃれな感じです。
この駅では下車して、富士屋ホテル方面まで行きました。※宮ノ下駅の話題は次回に続きます。
(写真4 列車内から見た宮ノ下駅)
列車内から見た宮ノ下駅

さて、紹介を後回しにした仙人台信号場(標高398m 修正後)ですが、信号場のため出山・上大平台同様に乗降できませんけれど、「停車駅のご案内」の表記からも、駅のような扱いになっているため“駅名標”も設置されています。
また、対向列車との交換がなくても一旦停止して、信号が切り替わるのを待ちます。
(写真5 仙人台信号場の駅名標)
仙人台信号場の駅名標

そうはいっても、仙人台信号場付近は何かあるところではありません。山の中です・・・。
(写真6 列車内から見た仙人台信号場)
列車内から見た仙人台信号場

次回の箱根登山鉄道の話題も、宮ノ下駅の続きからです。
関連記事
コメント
コメント
阪急や近鉄もいいですね
Levalloisbee 様
あけましておめでとうございます。
昨年も、楽しく、勉強になる記事をたくさんありがとうございます。
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
さて、箱根ですが、以前は忘年会で行かれていたとのことで、すてきです。ここでなら、とても盛り上がりますね。
列車の方は、今年、新車が久しぶりに投入されますが、2両なので旧型の車両は、まだまだ活躍してくれると思います。
それから、阪急や近鉄の車両や沿線も魅力的だと思います。前回訪問時の写真も少しあるので、次回関西に出かけたときには、記事にしたいと思います。
また、相鉄はしばしば乗車していますので、何かおもしろそうなテーマを見つけて、相鉄・JR、相鉄・東急直通線とは別の視点で記事を書いてみたいとも思います。
2014/01/07(火) 06:23:20 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
箱根はいいですね
あけましておめでとうございます、Levalloisbeeです。いつも鉄道のすてきな記事ありがとうございます。Panda NEKO No.1の箱根登山鉄道の記事と写真、とても懐かしく拝見しています。若い頃テニス部の忘年会はいつも箱根でした。寒い季節でしたが、スイッチバックなどいつも楽しみでした。レトロな電車や駅なども変わってなくていいですね。箱根駅伝も5区6区は妙な親しみを覚えてます。そのうち相鉄や阪急、近鉄「(今の地元と若い頃の地元)も書いてもらえるとうれしいな・・・と勝手に思っています。今年もよろしく。
2014/01/07(火) 00:11:48 | URL | Levalloisbee #CLAM/61k [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する