にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
小田急ロマンスカーの話題の続きで2回目です。

相模大野駅から乗車した「あさぎり1号」は、途中、本厚木駅に停車した後、あっという間に秦野駅に到着しました。
次の駅は、JR線の松田駅になってしまうため、「あさぎり」を降ります。乗車したMSE 60000形の側面の表示は、「特急 御殿場」となっていました。
(写真1 MSE 60000形 特急 御殿場 の表示)
MSE 60000形 特急 御殿場 の表示

秦野駅には、後続の「はこね」が停車しないため、各駅停車で新松田駅まで向かいます。
(写真2 秦野駅の駅名標)
秦野駅の駅名標

新松田駅までも2駅で、各駅停車といえども、すぐに到着しました。
同駅では、小田急8000形の「準急 新宿」ゆきなどを見ました。
(写真3 小田急8000形)
小田急8000形

種別の「準急」は、正面と側面では表示(カラーの使い方)がちがうようです。小田急線は、詳しくわからないので、すべてがそうなのかなどいろいろと調べる楽しみが出てきました。
(写真4 小田急8000形 準急 新宿 ゆき)
小田急8000形 準急 新宿 ゆき

そして、新松田駅では、少し時間がありましたので、ホームや改札などを見て回りました。ここでも、分割位置の表示など、私にとっては珍しいものがたくさんありました。
(写真5 新松田駅の分割位置表示など)
新松田駅の分割位置表示など

そんなことをしているうちに、ようやく時間となり、次に「箱根湯本駅」まで乗車する小田急ロマンスカー EXE 30000形が到着です。この車両も、初めての乗車となります。
(写真6 小田急ロマンスカー EXE 30000形)
小田急ロマンスカー EXE 30000形

小田急ロマンスカーに乗って注目の箱根へは、箱根登山鉄道の話題と併せて続きます。

本日は、このほかに「一部ブログタイトルの変更も検討しています」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する