にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
少し間が空きましたけれど、東急電鉄の「電車とバスの博物館」(神奈川県川崎市宮前区宮崎2丁目)に行った話題の続きで13回目です。

前回最後の写真“デハ1形”の車内には窓があり、そこには鉄道模型があります。
(写真1 デハ1形の中の様子)
デハ1形の中の様子

ただ、鉄道模型があるだけではなく、中央付近のボタンを押すと「デハじいちゃん昔物語」が、始まります。
(写真2 デハじいちゃん昔物語)
デハじいちゃん昔物語

ジオラマがライトアップされ、映像とともに、昔の東急線のワンシーンが語られます。
(写真3 目黒線開通式当日の目黒駅1)
目黒線開通式当日の目黒駅1

物語が進行していないときに、同じシーンをアップで撮影してみました。ストーリーに沿って、細かいところまで作られています。
(写真4 目黒線開通式当日の目黒駅2)
目黒線開通式当日の目黒駅2

デハ1形の前面脇には、デハじいちゃんとラッピー駅長がいます。
(写真5 デハじいちゃんとラッピー駅長)
デハじいちゃんとラッピー駅長

再び中にもどり、東急溝ノ口駅の模型です。昔の風景もいいなと感じさせてくれます。
(写真6 東急溝ノ口駅の模型)
東急溝ノ口駅の模型

デハ1形の中には、まだジオラマがありますので、次回の電車とバスの博物館は、その続きを予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する