にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年11月23日~24日午前中にかけて(JR東日本の)品川駅線路切換工事が行われ、東海道線や横須賀線などは一部区間で運休や行先変更が生じて、普段見られないような表示などが出ることになったという2日目・24日の話題の続きで、8回目・品川駅からの続きです。

品川駅の11・12番線を見ていたところ、上り東京方面一番列車の時間となりましたので、急いで5・6番線ホームへと向かいました。
(写真1 切換工事完了後の品川駅からの上り列車)
切換工事完了後の品川駅からの上り列車

そういえば、先ほどの11番線ホームには、JRマークが表示されていました。
(写真2 11番線の表示はJRマーク)
11番線の表示はJRマーク

そして、上り列車が出発すると、 旧車両基地に工事完了直後は、まだ列車が並んでいました。
(写真3 工事完了直後はまだ列車が並んでいた様子)
工事完了直後はまだ列車が並んでいた様子

途中、新橋駅付近で、東京からの下り一番列車とすれ違いました。
その後、終点の東京駅で、京浜東北線に乗り換えて秋葉原駅で再び下車したときに、ふと列車案内を見て気がついたのは、工事の終了時間が京浜東北線の快速運転がはじまる時間にうまく合っていることでした。
(写真4 京浜東北線の快速運転がはじまる時間)
京浜東北線の快速運転がはじまる時間

いくつかの用事を済ませて、東京駅方面から東海道線で横浜方面へもどる際に、新しく整備した場所を車内から撮影しました。これから、列車を順次入れるような感じでした。
(写真5 使用が開始されている様子)
使用が開始されている様子

品川駅で一度降りて、下りホームより、東京方面を見た様子です。
(写真6 切換工事完了日午後の品川駅ホームから)
切換工事完了日午後の品川駅ホームから

このような感じで8回に渡り、品川駅線路切換工事に伴う列車の変更などを追いかけて記録しました。
なお、現在は、品川駅-田町駅間の旧車両基地に列車は1本もなく、雑草が生えた様子が目立ち、ずいぶん前から使われなくなったようにも見える状態です。
東北縦貫線の開通に向けて、着々と準備が進んでいます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する