にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
東京モノレール(JR東日本グループ)のポケモンモノレールの話題の続きです。

このシーズンですと日が暮れるのが早く、撮影できる場所が限られてしまいました。
そこで、いくつかの駅を降りてみたところ、羽田国際線ビル駅は、比較的撮影しやすいと分かりました。
(写真1 ポケモンモノレール 羽田国際線ビル駅)
ポケモンモノレール 羽田国際線ビル駅

ホーム内の場所とタイミングを選べば、乗降の邪魔にならず撮影ができます。側面もしっかりと見ることができました。
(写真2 ポケモンモノレール側面)
ポケモンモノレール側面

さらに、羽田国際線ビル駅は、“フォトスポット”という撮影用のコーナーが設けられています。
明るい時間には、駅を発着する東京モノレールを、空港をバックに撮影することができます。
ただし、フラッシュ撮影は、フォトスポットといえども、運行の支障になるため禁止ですので、ご注意ください。
(写真3 羽田国際線ビル駅のフォトスポット)
羽田国際線ビル駅のフォトスポット

このほか、ポケモンは車両だけではなく、羽田空港第2ビル駅ホームの階段などにピカチュウなどを見ることができます。
(写真4 羽田空港第2ビル駅ホーム階段のピカチュウ)
羽田空港第2ビル駅ホーム階段のピカチュウ

同駅では、ポケモンモノレール全体のイラストもあります。
(写真5 羽田空港第2ビル駅構内のポケモンモノレールのイラスト)
羽田空港第2ビル駅構内のポケモンモノレールのイラスト

そのとなりには、「羽田空港第2ビル駅へようこそ」と書かれていました。
(写真6 東京モノレール 羽田空港第2ビル駅へようこそ)
東京モノレール 羽田空港第2ビル駅へようこそ

このような感んじで、ポケモンづくしとなっています。

なお、今回「東京モノレール」の線内を何回か往復していましたら、景色もきれいですし、待避設備などもできて、鉄道としてとても面白いと思いました。
そこで、後日、「東京モノレール」についての記事を書こうと考えています。

本日は、このほかに「2013年11月29日深夜のタモリ倶楽部は小田急電鉄」の記事があります。

[2013/11/29 追記]
ポケモンモノレールは、平成26年3月までの延長(予定)が発表されました。2013年12月の時刻表も発表されています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する