にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
このブログで記録しているJR東日本の東北縦貫線工事の進捗状況で「2013年11月中旬」の様子です。
今回は、東京→神田間は山手線の車内から、また、次の回以降では神田→秋葉原間を歩き、地上からの様子をまとめます。

まず、山手線内回りに乗車して東京駅を出発します。まもなく、京浜東北線・南行の列車がきました。
(写真1 山手線内回りからの京浜東北線)
山手線内回りからの京浜東北線

東京駅を出て少しすると、東北縦貫線が新幹線の上を通るため、上昇する地点が見えてきました。
写真では、ほとんどわからないと思いますが、そこには、たくさんの作業員の方々がいました。
(写真2 東京駅から神田駅へ)
東京駅から神田駅へ

その地点を少し過ぎた東京駅よりのところでは、まだ側壁などはできあがっていません。
(写真3 東北縦貫線工事 東京→神田 1)
東北縦貫線工事 東京→神田 1

さらに、神田駅方面に向かっていくと、橋脚部分が見えてきて、支えている部分については、ほぼできあがっているように見えます。
(写真4 東北縦貫線工事 東京→神田 2)
東北縦貫線工事 東京→神田 2

神田駅が近くなると、見上げるようになってしまうので、線路の工事の様子はわからなくなります。
そこで、神田駅ホームの先端から秋葉原駅方向を見た上で、ここからは改札を出て、神田→秋葉原間の工事の様子を地上から見ることにします。
(写真5 神田駅ホームから秋葉原駅方向)
神田駅ホームから秋葉原駅方向

なお、神田駅も現在工事中で、かなり足下がよくない状態となっています。しかし、できあがれば、かなりきれいになりそうです。
(写真6 工事中の神田駅)
工事中の神田駅

ということで、次は、神田→秋葉原間を、工事区間に沿って歩いて行きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する