にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年11月9日に、NHKをはじめとする報道各社が、2020年の東京オリンピック開催に向けて、JR東日本が羽田空港と東京の都心で山手線・京浜東北線の田町駅(付近)を結ぶ新線を計画していると伝えました。
田町駅といえば、現在、羽田と都心を結んでいる京浜急行線の品川駅とJR東日本の子会社でもある東京モノレールの浜松町駅が両隣となります。
(写真1 芝浦付近を走行する東京モノレール2000形)
芝浦付近を走行する東京モノレール2000形

この新線は、現在休止中の東海道貨物線を利用するとしていて、早速、Googleマップで空からの写真を見たところ、東海道新幹線(JR東海)の大井の車両基地(JR貨物 東京貨物ターミナル駅)への路線と並行していて、休止中のためか荒れてはいるものの複線で確保されていることもわかりました。
こうなると、田町駅付近と羽田空港付近の建設だけでよく、用地買収の必要が基本的にないため、かなり実現可能な計画といえると思います。

ただ、現在でも、京急電鉄と東京モノレールで熾烈な競争が行われているところに、より短い距離で便利になると思われるJR線ができることは、その競争にさらなる拍車がかかることは必至です。
また、オリンピックが閉幕した後のことや、国際化が進む羽田空港と、成田空港との関係も気になるところです。
(写真2 羽田空港国内線ターミナル駅に停車中の京成3500形)
羽田空港国内線ターミナル駅に停車中の京成3500形

なお、羽田空港付近は、地盤があまりよくないはずですから、工事が計画通り進むかということもあります。しかし、報道発表するからには、それなりに調査をしてのことでしょうから、あとは資金を、どこが、どの割合で負担すかということにかかっているのかもしれないと思います。
(写真3 羽田空港国際線ターミナル)
羽田空港国際線ターミナル

東急線と京急線との“蒲蒲線”(東急蒲田-南蒲田-羽田空港)が・・・といっているうちに、先にJR線の方が現実味を帯びてくるというのは驚きです。
そして、(都営)浅草線短絡線よりも先に、羽田空港-成田空港の連絡を狙っているということなのでしょう・・・。
関連記事
コメント
コメント
こちらも本気なようで・・・
無責任男。様
このニュースを聞いたとき、東京貨物ターミナルと田町の間に、休止中の貨物線があることを知らなかったので、とても驚きました。
タイミングも、京急が羽田の好調をアピールしたばかりと、偶然にしては・・・という感じです。
報道の内容を見ると、少なくとも田町付近と東京貨物ターミナル間は、ほぼ確実に旅客化して、可能な限り羽田空港直結を目指すようなので、とても現実的な計画であると思います。
東京モノレールに対する京急のあり方に、親(会社)が、今、流行の倍返しという感じ見えるのは、私だけでしょうか・・・。
便利になるのはありがたいですが、オリンピックが終わったら、3社すべてが負けになるか、京成線(成田空港)にしわ寄せが行かないといいなと思っています。
2013/11/10(日) 02:28:45 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
急展開ですね!
久々にコメントします(笑)
この話はビックリしましたね。 既にグループ会社の東京モノレールがあるのに、本体が乗り込んでくるとは!
休止中の貨物線は田町駅付近で車止めが置かれ、先へは行けないようになっています。
しかしながら、品川駅付近から田町駅付近まで線路脇も再開発予定地のようなので、便乗して田町駅付近に新たな駅作るかもしれませんね。
この貨物線そうですが、東京貨物ターミナルから先の貨物線も東日本の線路らしいので、この区間を東日本が旅客化してしまうと貨物輸送に大きな影響が出そうですね。
2013/11/10(日) 01:07:18 | URL | 無責任男。 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する