にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
まだ、熱が下がらないためつらいところです。しかし、休んでもいられないので、ぎりぎりのところでがんばっています。
さて、東急電鉄の「電車とバスの博物館」(神奈川県川崎市宮前区宮崎2丁目)に行った話題の続きで7回目です。実は、前回、間違えて6回目を7回目としてしまったので訂正しました。

1階の続きからになります。ここには、東急8090系の運転体験シミュレーターがあります。以前の高津にオープンしたときは、とても画期的なシステムで何時間も待つのは当たり前でした。現在は、いろいろなところにシミュレーターが設置されるようになったこともあり、平日は空いている時間もあるくらいとなりました。
(写真1 東急8090系の運転体験シミュレーター)
東急8090系の運転体験シミュレーター

映像は、田園都市線でした。そういえば、田園都市線は、踏切がなかったのではないかと思います。東急線は、路線によってかなり景色やシステムが違いますから、運転方法もかなりかわるのではないかと思います。
(写真2 田園都市線の映像)
田園都市線の映像

この8090系を少し引いた位置から見ると、モハ510形や、「電車とバスの博物館」の駅名看板(駅名標)が見えます。
(写真3 東急8090系とモハ510・駅名看板)
東急8090系とモハ510・駅名看板

隣のモハ510形も、8090系と比べると簡易なものですが、運転体験ができるようになっています。
(写真4 モハ510形の運転体験)
モハ510形の運転体験

そのモハ510形の製造銘板は、川崎車輌と東横車輌のもので、渋くていい感じです。
(写真5 モハ510形の製造銘板)
モハ510形の製造銘板

たばこお断りの文字は、反対側からとなっていて、時代を感じさせるものとなっています。
(写真6 たばこお断り)
たばこお断り

電車とバスの博物館の記事は、まだしばらく続けていきます。

[2013/11/07 追記]
8090系を、当初8500系と書き間違えてしまったため訂正しました。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する