にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年10月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり開催された「小田急ファミリー鉄道展2013」初日の話題の続きで6回目・最終回です。※20日は、悪天候のため第2会場のみイベントを実施。

今年の海老名車両基地の様子も、小田急線の海老名駅ホームから見てみました。こちらからですと、4000形も本線寄りに止まっていることがわかります。
(写真1 ファミリー鉄道展を小田急線の海老名駅ホームから)
ファミリー鉄道展を小田急線の海老名駅ホームから

さて、会場内にもどりります。小田急グッズショップ トレインズは、10周年ということで、すてきなロゴがありました。
(写真2 10周年の小田急グッズショップ トレインズ)
10周年の小田急グッズショップ トレインズ

そして、初回のトレインズの紹介では、商品になった方の旧下北沢駅のレールを掲載しましたけれど、こちらは元の状態のものです。
(写真3 旧下北沢駅のレール)
旧下北沢駅のレール

同じグループ会社では、箱根登山鉄道のブースで、来年導入が予定されている新型車両を、パンフレットなども配ってPRしていました。
(写真4 箱根登山鉄道のブース)
箱根登山鉄道のブース

このほか、駅や踏切に設置されている安全装置を体験できるコーナーもありました。
(写真5 駅や踏切の安全装置)
駅や踏切の安全装置

踏切の非常ボタンを押すと、本物ではありませんが、特殊信号発光機が点灯します。
小田急電鉄は、5灯で反時計回りに回転するタイプのものです。
(写真6 特殊信号発光機の見本)
特殊信号発光機の見本

今年のファミリー鉄道展は、時間の関係で、第2会場のビナウォークと、同じ第1会場(出口付近)の鉄道模型のコーナーは少しのぞいただけで、残念ながら見ることができませんでした。
また、保存車両については、昨年長い時間かけて並んで見たので、次回以降にでもと思っています。

小田急ファミリー鉄道展2013の記事は、今回で終わりです。
次回以降、引き続き、「2013 第20回 鉄道フェスティバル 日比谷公園」と、「東急電鉄 電車とバスの博物館」の記事も掲載していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する