にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
羽田空港国際線ターミナル駅の開業3周年、羽田空港国内線ターミナル駅の開業15周年を迎えることを記念して、京浜急行電鉄が、2013年10月18日(金)に、京急線・羽田空港国際線ターミナル駅構内で「京急ゆるゆるサミット」のセレモニーを開催し、ご当地キャラが大集合した話題の続きで2回目です。

今回は、羽田空港国際線ターミナル駅で下車するお客様を、キャラクターを代表してお出迎えしたメンバーです。
まずは、すぐに大阪を思い浮かべることができる“ビリケンちゃん”です。ビリケンさん、キャラクターになって、ますますかわいさが増しています。
(写真1 ビリケンちゃん)
ビリケンちゃん

続いて、もっとも元気があって、全体の展開を引っ張っていったのは“スターリー”で、羽田空港国際線ターミナルのキャラクターです。
ホームで、都営浅草線の乗り入れ車両の乗客に愛嬌を振りまいて、最後は駅長さん風に敬礼で列車を見送ります。
(写真2 スターリー)
スターリー

お出迎えメンバーは、このほかに、京急電鉄の“けいきゅん”と、南海電鉄の“ラピートくん”でした。京急のおかげさまでキャンペーンのポケットティッシュを配ってお出迎えです。
(写真3 お客様のお出迎えメンバー)
お客様のお出迎えメンバー

そのポケットティッシュは、くりぃむしちゅーのお二人の新バージョンの宣伝です。「羽田も都心も京急で○○○」ということで、クイズになっています。
(写真4 配布されたポケットティッシュ)
配布されたポケットティッシュ

そういえば、気になるのが“けいきゅん”の背中です。今回は自らのPRで、ゆるキャラグランプリに参加中をアピールしていました。
(写真5 けいきゅんが自らをアピール)
けいきゅんが自らをアピール

国内線ターミナル駅とは違いイベントも終わると、下り線の国際線ターミナル駅は、主に降車の乗客ばかりなので、列車到着時以外は静かなホーム・改札になります。
(写真6 羽田空港国際線ターミナル駅下り改札)
羽田空港国際線ターミナル駅下り改札

キャラクターやイベントの紹介は続きます。

本日は、後ほど「小田急ファミリー鉄道展2013」の続きを掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する