にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年10月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり開催された「小田急ファミリー鉄道展2013」初日の話題の続きです。※20日は、悪天候のため第2会場のみイベントを実施。

本日(20日)は、悪天候のため第1会場のイベントは残念ながら中止となってしまいました。そんなわけで、1日目の公開の様子です。
今年の展示車両に、現役の通勤形車両では最もお気に入りの8000形もあるということで、こちらも楽しみにしていました。
(写真1 小田急8000形)
小田急8000形

さて、入場からです。昨年と流れが変わり、駐車場を経由せずにそのまま敷地内に入っていきます。
(写真2 入場ルート)
入場ルート

バラスト運搬車を見ながら進んでいきます。写真展も別の場所になりました。
(写真3 バラスト運搬車)
バラスト運搬車

この先、なりきり運転士 出発進行!、簡易運転台体験コーナーの脇で会場案内をもらいます。首にかけられるこのタイプは、便利でとてもよいものだと今回も思いました。
(写真4 会場案内)
会場案内

砂利の山や枕木、そして保線関係の車両があるところを通っていくと(写真は、昨年2012年の開催にあります。)、踏切の設備が見えてきました。
(写真5 踏切と車両基地の様子)
踏切と車両基地の様子

実際に、ここは踏切ではありませんが、特殊信号発光機や動作反応灯もあります。
(写真6 車両基地内の特殊信号発光機)
車両基地内の特殊信号発光機

車両基地内の展示車両へと続きます。

途中になっている「2013 第20回 鉄道フェスティバル 日比谷公園」、「ご当地キャラ大集合~京急ゆるゆるサミット」、「東急電鉄 電車とバスの博物館」も、いつものように順次掲載を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する