にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年10月12日(土)・13日(日)の2日間にわたり、東京・日比谷公園で開催された「2013 第20回 鉄道フェスティバル」2日目の話題の4回目です。

鉄道の日に合わせて、各社からオリジナルの鉄道コレクション(鉄道模型・Nゲージ)が数多く発売されましたけれど、会場内には関西の電車を集めた“特別販売ブース”もありました。
(写真1 鉄道コレクション特別販売ブース)
鉄道コレクション特別販売ブース

JRなどのほか、全国から多数の私鉄各社も出店していました。
(写真2 私鉄各社の販売ブースから)
私鉄各社の販売ブースから

なお、関東では、東京メトロが大人気で、「最後尾はこちらです」の案内が、ずっと活躍していました。
(写真3 東京メトロの列最後尾の案内)
東京メトロの列最後尾の案内

案内といえば、各社いろいろなタイプがありましたが、阪急電鉄のは面白く、オシャレだと思いました。
写真をお願いしたところ、ホーズを決めてくださいました。ありがとうございます。
(写真4 阪急売り場案内)
阪急売り場案内

そして、同じ関西地区では、京阪電鉄ブースで新しく販売を開始したプラレールなどがありましたが、イベント終了間際まで完売していなかったのが少し気になります。
(写真5 京阪電鉄ブース)
京阪電鉄ブース

お買い物もいいろしましたが、今回は、その中から、和歌山電鐵「たま駅長ノート」です。
(写真6 和歌山電鐵 たま駅長ノート)
和歌山電鐵 たま駅長ノート

2013 第20回 鉄道フェスティバルの様子は、続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する