にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年7月にリニューアルオープンした横浜市電保存館(神奈川県横浜市磯子区滝頭3丁目)に行った話の続きで9回目です。

鉄道模型コーナーに続いては、地下鉄運転シミュレーターで、横浜市営地下鉄ブルーラインの車両(2000形)のようになっています。
(写真1 地下鉄運転シミュレーター)
地下鉄運転シミュレーター

シミュレーションコーナーのドアには、運転時間のほかにも、たくさんの案内が掲出されていました。
(写真2 シミュレーションコーナーのドア)
シミュレーションコーナーのドア

さて、ここで再び市電体感コーナーにもどります。市電に使われていた部品もいろいろと展示されていますけれど、製造銘板も気になるものの一つです。
(写真3 横浜市電の製造銘板)
横浜市電の製造銘板

先日の方向幕などと同様に、陳列ケースに入れられて見やすくなっています。
(写真4 市電部品の陳列ケース)
市電部品の陳列ケース

このほかにも、大型の部品として、集電装置のビューゲルやトロリーポールも見やすい位置に展示しています。
(写真5 集電装置)
集電装置

さらに、モーターなども、カットされて、仕組みがわかるような状態で見ることができます。
(写真6 東洋電機製のモーター)
東洋電機製のモーター

横浜市電保存館の話題は、次に続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する