にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先日、閉そく信号機 4灯式の新回路が完成しましたけれど、一つくらいは、高速進行が現示できる6灯式信号機の閉そく区間用の回路をつくってみたいと思い製作しました。前作と共通仕様ですので、 鉄道模型・プラレール(鉄道おもちゃ)のどちらにも使用できます。
※左の回路は、動作テスト用のタイマー式6灯対応回路、信号機は自作のプラレールサイズ用5灯式。
(写真1 高速進行も現示できる閉そく信号機の回路)
高速進行(GG)も現示できる閉そく信号機の回路


今回のこだわりは、成田スカイアクセス線(京成・北総)タイプの高速進行のほかに、北越急行ほくほく線の5灯式で高速進行(GG)を現示して、かつ一定の閉そく区間(G)の後に高速進行となるようにも対応したことです。
また、通常は6灯式として使用する機会はほとんどないので、2~5灯式(必要によりYYも含む)の閉そく信号機の回路としても使えるようにしてあります。もちろん、R→Yの遅延・京浜急行線を含むYGFにも対応しています。
(写真2 6灯式信号機 高速進行のイメージ)
6灯式信号機 高速進行のイメージ

あとは、オプションがなくても、この回路だけで、断線した(信号が何も送られてこなかった)場合は、「Rを現示する」選択をできるようにしてあります。
(写真3 今回製作した5・6灯式兼用の閉そく信号機の回路)
今回製作した5・6灯式兼用の閉そく信号機の回路

さすがに、いろいろなものに対応して、しかもロジックICを使用した回路のため煩雑になってしまいました。
そんなこともあり、いよいよ次回作の閉そく信号機の回路は、少しずつ勉強してきたPICマイコンを使用した(仕様は共通で接続可能な)ものに、チャレンジしようと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する