にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年8月23日(金)・24日(土)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場・東京都江東区有明)西3ホールにて開催された「鉄道模型コンテスト2013 第5回全国高等学校鉄道模型コンテスト」からの続きの9回目です。

今回は、モジュールレイアウトの角になっていたものを3校続けて掲載します。
まずは、宝塚大劇場がテーマというジオラマです。建物だけではなく、手前の公園もかなり細かくつくられています。
(写真1 関西学院高等部 理科部)
関西学院高等部 理科部

次に、線路脇に、目立つ建物を集約したジオラマです。実際にはありませんが、なかなかインパクトがある配置だと思います。都営バスも置かれているようです。
(写真2 星翔高等学校 機械研究部)
星翔高等学校 機械研究部

3つめは、山と川がとてもきれいにつくられたジオラマです。シンプルですが、とてもよくできていて、見ていて心が落ち着きます。
(写真3 栄東中学・高等学校 鉄道研究会)
栄東中学・高等学校 鉄道研究会

ここで、少し変わったジオラマです。「佐野海溝」と名付けられ、深海の神秘を表現したそうです。人形は、爪楊枝を削ってつくったといいますから、すごいと思います。
(写真4 大阪府立佐野工科高等学校 電子工作部)
大阪府立佐野工科高等学校 電子工作部

そして、記憶が少し曖昧なのですが、車が走行したと思うジオラマです。線路だけではなく、道路も重要であることに気がつきます。
(写真5 埼玉県立熊谷工業高等学校)
埼玉県立熊谷工業高等学校

今回の最後は、直線の高架がシンプルでありながら、引き込まれてしまうジオラマです。ちょうど通過している京浜急行の車両ともいい感じになっています。
(写真6 城西大学附属城西高等学校 物理部)
城西大学附属城西高等学校 物理部

鉄道模型コンテスト 2013は、次回10回目まで続きます。

本日は、このほかに「横浜市電保存館・リニューアル後(6)」の記事があります。

関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する