にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
現在開催中の「京成電鉄展」の話題の続きで、3回目・物販と展示内容です。

まず、撮影ができるロビーの物販からになります。京成電鉄の85年史をはじめ、京成関係の書籍が集められていました。
(写真1 京成電鉄展 ロビーの書籍などの物販)
京成電鉄展 ロビーの書籍などの物販

別の場所では、Bトレインショーティー京成3200形や、特急開運号マグカップ、AE形スカイライナーTシャツなど、オリジナルグッズが多数ありました。
(写真2 Bトレなど京成電鉄のオリジナルグッズ)
Bトレなど京成電鉄のオリジナルグッズ

ロビーには、物販だけではなく、京成パンダのスタンプも用意されています。
(写真3 京成パンダのスタンプ)
京成パンダのスタンプ

このほか、ロビーから見える庭園もすてきです。なお、写真右側には、私もまわした京成パンダの缶バッチのガシャポンも写っています。
(写真4 ロビーから見える庭園)
ロビーから見える庭園

また、その手前には、いろいろな種類のはがきがあり、購入した際に、芳澤ガーデンギャラリーのお洒落な封筒に入れてくれました。
(写真5 販売中のはがきと芳澤ガーデンギャラリーの封筒)
販売中のはがきと芳澤ガーデンギャラリーの封筒

さらに、京成の電車でいっぱいの京成電鉄展のポスターまで販売していて、こちらも、購入したものの一つです。
(写真6 販売もしている京成電鉄展のポスター)
販売もしている京成電鉄展のポスター

さて、撮影ができないギャラリー内は、昔の車両の写真やたくさんの京成電鉄に関する貴重な資料から、Nゲージのレイアウトや、宗吾車両基地に保存されているものなどまで展示してありました。
また、都営浅草線や京浜急行線などとの直通運転の開始や、それに伴う大がかりな改軌の工事なども説明がありました。
今回、この催し物については、いつも、大変お世話になっている無責任男。様に教えていただき、一緒に見てきました。ありがとうございました。

なお、10月14日(月・祝)まで、市川市芳澤ガーデンギャラリー(千葉県市川市真間5丁目)京成線市川真間駅下車で、9:30~16:30(入館は16:00前まで)開催されています。※月曜日、月曜日が祝日で開館した場合は翌日が休館日です。京成電鉄展の話題は、これで終わりです。

本日は、このほかに「京急電鉄 2013年10月26日からのダイヤ変更を発表」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する