にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先日、相鉄線を利用したときに、車内のつり広告や駅などで、東急電鉄のキャラクター“のるるん”が、東横線の定期券の購入をすすめる広告をたくさん見ましたけれど、(深いことは考えず)相鉄・東急直通線のアピールの一環くらいに想像していました。
しかし、横浜市営バスに乗車した際に、バスの車内にも同じ広告が掲出されていました。まるで京浜急行電鉄の“羽田へは・・・”に近いほどの力の入れようを見た感じです。
(写真1 のるるんが東横線の定期券購入をすすめるポスター)
のるるんが東横線の定期券購入をすすめるポスター

この広告には、「定期券なら東横線がスマート!」というキャッチフレーズがあり、
1.東京メトロへの乗り換えが便利。
2.東横線は、本数が多い。
3.東横線は、降りたい駅がいっぱい。
と、アピールしています。
競合路線には、かなり強力なライバルがいますので、3番目はなかなか面白いポイントだと思いました。
ちなみに、この広告を見たバスの終点は、東横線が撤退した桜木町駅ゆきでした・・・。
(写真2 横浜市営バス 桜木町駅)
横浜市営バス 桜木町駅

そのJR根岸線・桜木町駅は、駅ビル(CIAL)と新しい横浜駅方面の改札口の建設が予定されています。それに関連するものではないかと思いますが、工事をしていました。
(写真3 JR根岸線 桜木町駅)
JR根岸線 桜木町駅

どんどんと便利になっていくのは、とても助かりますけれど、長引く不況で乗客数があまり伸びないのは、どの鉄道会社にとっても大変なことだと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する