にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京成電鉄の本社が、押上げから京成八幡駅前に移転するのを記念して、京成電鉄展が行われています。
すでに、一昨日(2013年8月31日)からはじまっていて、2013年10月14日(祝・月)まで、市川市芳澤ガーデンギャラリー(千葉県市川市真間5丁目)での開催です。
入場料は、一般300円・ローズメンバーズ240円・中学生以下無料、障がい者手帳を持っている方と付き添い者は1名無料。時間は、9:00~16:30(入場は16:00まで)。なお、月曜日(または月曜日が祝休日の場合は開館し翌日)が閉館日となります。
(写真1 京成電鉄展チラシ 表面)
京成展チラシ 表面
※(2回)クリックするといつもより大きい画像を開きます。

内容は、京成電鉄が所蔵している貴重な資料とともに歴史を振り返り、車両デザインの変遷、(日本画家)東山魁夷による京成百貨店の包装原画、(絵本作家)井上洋介の作品などとなっています。
このほかにも、鉄道模型(Nゲージ)のスカイライナーが約19mの直線を走行したり、プラレールの展示もあるとのことです。
(写真2 京成電鉄展チラシ 裏面)
京成展チラシ 裏面
※(2回)クリックするといつもより大きい画像を開きます。

土・日などには、いろいろなイベントが予組まれていますが、9月21・22日には、チーバくんとともに、“京成パンダ”が登場する予定になっています。期間中、少なくとも一度は行ってみたいと思っています。

※市川市芳澤ガーデンギャラリーへは、京成線市川真間駅下車徒歩約12分、JR総武線市川駅下車徒歩約16分です。

なお、この案内は、いつもいろいろとお世話になっている「無責任男。」様よりいただいたもので、ブログ「無責任な部屋?」でも紹介されています。ありがとうございます。

本日は、このほかに「JR東日本 東京総合車両センター 一般公開2013 (10)」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する