にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年8月24日(土)に開催されたイベント、JR東日本 東京総合車両センター 一般公開~「思い出乗せて出発進行!夏休みフェア2013」の様子の8回目、台車検修場の続きからです。

このケースには、大きく白い色で「TK」と書かれていますので、とても目立ちます。
(写真1 TKと書かれたケース)
TKと書かれたケース

住友電気工業の空気バネですが、まだ、箱に入っている状態です。
(写真2 住友電気工業の空気バネ)
住友電気工業の空気バネ

また、作業用のクレーンがありました。
(写真3 工場内のクレーン)
工場内のクレーン

そのクレーンでつり上げようとされているのは、ブリヂストンの空気バネで、ほかにも東洋タイヤ製のものなどもありました。
(写真4 ブリヂストンほかの空気バネ)
ブリヂストンほかの空気バネ

こちらも、昨年同様になりますが、Suicaぺんぎんの神社があり、手をたたくと扉が開いて、中から大きなぺんぎんが出てきます。
(写真5 Suicaぺんぎんの神社)
Suicaぺんぎんの神社

このあたりからは、モーター(主電動機)の作業場になります。ここでは、「わくわくMM検修ランド」のコーナーがあり、流れを簡単に見せていました。
(写真6 わくわくMM検修ランド)
わくわくMM検修ランド

この場所には、施設概要があり、車両センター内の全体が分かります。
(写真7 施設概要)
施設概要

そのとなりには、路線図もあり、作業場を紹介するように、主電動機がつり下げられています。
(写真8 路線図)
路線図

電車に使用されている部品まで、こんな間近で見られるのは、とてもうれしいことです。

JR東日本 東京総合車両センター 一般公開2013は、(9)へ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する