にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年8月24日(土)に開催されたイベント、JR東日本 東京総合車両センター 一般公開~「思い出乗せて出発進行!夏休みフェア2013」の様子から7回目、同じく、ものづくりセンターからの続きからです。

中央線で活躍した201系オレンジの正面レプリカで、操作盤の設定により、方向幕がまわります。
(写真1 201系オレンジの正面レプリカと方向幕)
201系オレンジの正面レプリカと方向幕
(写真2 方向幕の操作)
方向幕の操作

そのとなりには、スカイブルーの201系やE231系などがあり、Suicaペンギンもいました。
(写真3 Suicaペンギン)
Suicaペンギン

ここで、少し工場内の様子です。まず、ロールレベラー(プレス・矯正)や、コーナーシャー(板金)などの加工機械です。
(写真4 プレス・板金加工の機械)
プレス・板金加工の機械

つづいては、溶接作業場がありました。
(写真5 溶接作業場)
溶接作業場

さらに、台車関連の作業場が出てきました。台車を構成する部品も見ることができます。
(写真6 台車関連の作業場)
台車関連の作業場
(写真7 台車の部品)
台車の部品

反対側には、カバー上部が外された冷房装置のAU720Aが置かれていました。
(写真8 カバー上部が外された冷房装置 AU720A)
カバー上部が外された冷房装置 AU720A

日頃、見られない工場内は、かなり楽しく感じます。

JR東日本 東京総合車両センター 一般公開2013は、他の話題を入れながら、(8)へ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する