にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年8月24日(土)に開催されたイベント、JR東日本 東京総合車両センター 一般公開~「思い出乗せて出発進行!夏休みフェア2013」の様子から2回目です。

前回記事の「ドアモックアップを使った車掌体験」のとなりは、パンタグラフの展示です。
一番奥に見えるシングルアームパンタグラフのPS33D形は、昇降体験ができるようになっています。
(写真1 パンタグラフの展示)
パンタグラフの展示

また、今年も「パンタグラフの模型」がありました。昨年は写真がぶれ気味でしたので、慎重に何枚か撮影しました。
(写真2 パンタグラフの模型)
パンタグラフの模型

つづいて、そのとなりは、コンプレッサー(電動空気圧縮機)です。E231系のものをはじめ、いろいろな形のものを展示しています。
(写真3 E231系コンプレッサー)
E231系コンプレッサー

このコンプレッサーとセットになっているのが除湿装置で、展示のほか、詳しい説明も書かれていました。
(写真4 除湿装置)
除湿装置

さらにとなりは、マスコン体験のコーナーです。鉄道模型を使ったものもあって、とても楽しそうでした。
(写真5 マスコン体験)
マスコン体験

なお、この場所は工場内です。天井を見上げるとそんな雰囲気をより感じられます。
(写真6 工場内の天井)
工場内の天井

ここで一度、屋外に出ます。冷房機がたくさん積まれていて、向かいの建物内では、電車クーラーの上げ下ろし実演が行われていました。
(写真7 屋外の冷房機)
屋外の冷房機

この建物の近くには、ボイラー室がありますが、今年は閉められていて、機械を見ることができませんでした。
しかし、窓からは塩の袋がたくさん積まれているのが見えました。
(写真8 ボイラー室内の塩)
ボイラー室内の塩

JR東日本 東京総合車両センター 一般公開2013は、(3)へ続きます。

本日は、このほかに「相鉄・JR直通線 遅れの真相 はまれぽ.comが公式取材」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
駅メロディーは楽しいと思います
バカコーポ 様
コメントありがとうございます。
列車の接近時に、歌謡曲などのメロディーが流れるというのは、めずらしいこともあり、面白いですし、京急は、このほかにも独自のスタイルも多く、何かと楽しいところがたくさんあると思います。
バカコーポさんのブログも早速拝見しました。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2013/08/28(水) 12:02:34 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
初めまして、バカコーポです。
 私も鉄歴が浅くて知識もそんなにだけど、鉄道関係のブログをちょっとずつ更新してます。
京急いいですよね、私も鉄道にハマったきっかけが京急のメロディでした。
 京急沿線に住むのが夢です。
 面白いのでリンクに追加します。
2013/08/27(火) 11:17:12 | URL | バカコーポ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する