にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京急電鉄の調べ物をしていたところ、会社要覧(ハンドブック)がPDFファイルで公開されていることを知りました。
かなり、細かいことまで書かれていたので、他社(関東の鉄道会社)の公開状況を調べたところ、JR東日本をはじめほかにも数社見つけることができました。そこで、簡単にではありますが特徴をまとめてみました。

まず、知るきっかけとなった京急電鉄は見開きの状態のため、とても見やすいものでした。また、C-ATSの仕組みや保守車両まで詳しく紹介されていて、車両の資料としてもかなり便利に使えるのではないかと思います。
(写真1 京浜急行電鉄の会社要覧 表紙)
京浜急行電鉄の会社要覧

次は、鉄道事業を中心に詳しくまとめているのがJR東日本です。
車両から、東京圏輸送管理システム(ATOS)に関することや列車衝突事故防止の設置線区(種類別)について、さらには、映画やTVドラマ・CM等の撮影のロケ地として使用された主な場所まで、ほとんどすべてを網羅しているのではないかというほど、充実した内容です。また、切符の種類や輸送人員など、基本的なデータもしっかりと掲載されています。
(写真2 JR東日本の会社要覧 表紙)
JR東日本の会社要覧

続いては、街の開発を中心に掲載している東急電鉄です。
上記の2社とは少し掲載内容が異なり、鉄道事業そのものよりも、街(不動産)に関することが中心となっています。開発に力を入れている東急らしさがみえます。このため、レジャー関係の内容も充実しています。
(写真3 東急電鉄の会社要覧 表紙)
東急電鉄の会社要覧

そして、もう一社は西武鉄道です。東急のように開発のイメージが西武にはありますが、意外にも鉄道事業にかなり絞った内容で構成されています。そのため、全体もコンパクトにまとめられています。
(写真4 西武鉄道の会社要覧 表紙)
西武鉄道の会社要覧

このほか、PDFファイル形式で全体が公開されているのは相模鉄道(相鉄)が、また、各項目ごとでは京王電鉄がありました。
このほか、探してみた鉄道会社のうち、東京メトロ、小田急電鉄、東武鉄道、京成電鉄は、会社要覧のPDFファイルを、現時点では見つけられませんでした。

現在は、どの会社も情報公開がかなり進んでいるという印象を受けました。
また、鉄道好きという観点からも、ファイルをダウンロードして見ることができるのは、とても便利でありがたいことだと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する