にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
先日「京急蒲田西口駅前再開発の進捗 2013年7月上旬」という記事を掲載しましたが、そのときに撮影した場所の一つに、新1000形アルミ車と街の模型がありました。
(写真1 京急蒲田駅構内の新1000形アルミ車の模型)
京急蒲田駅構内の新1000形アルミ車の模型

京急蒲田駅の改札を出て、地上へ降りる階段の少し奥になります。この、写真では、反対側から見た位置になるため、遠くに改札付近が写っています。
(写真2 新1000形アルミ車の鉄道模型の中間車側から)
新1000形アルミ車の鉄道模型の中間車側から

これらは、京浜急行電鉄の「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」を紹介するためのものであるため、高架設備や軌道などに焦点が当てられています。
(写真3 軌道と車両上部などの名称)
軌道と車両上部などの名称
(写真4 軌道と床下機器などの名称)
軌道と床下機器などの名称
※画像を押して拡大すると文字が読めると思います。

基礎のある地層までわかりやすくなっているのも勉強になります。
(写真5 高架建設の仕組みと地層)
高架建設の仕組みと地層

窓側には、工事を行う沿線の街の模型もありました。京急線付近しか作られていませんが、話題の東急線との(京急蒲田駅付近と東急・JR京浜東北線蒲田駅付近を結ぶ)蒲蒲線が通る計画の場所なども一部ですが確認できす。
(写真6 連続立体交差化工事地域の街の模型)
連続立体交差化工事地域の街の模型

お子さんと一緒に見ても、勉強になり、楽しいのではないかと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する