にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
(2013年)5月26日に乗車した「箱根登山鉄道」の話題続きで、「ケーブルカーの強羅駅(ごうら)→早雲山駅」です。

強羅駅で、登山電車からケーブルカーに乗り換えます。この際、早雲山駅方面は、一度改札をでて、入り直すことになります。
(写真1 ケーブルカー 強羅駅)
ケーブルカー 強羅駅

ケーブルカーホームからの登山電車を見たところですが、かなりの傾斜があります。
(写真2 ケーブルカーからの登山電車)
ケーブルカーからの登山電車

強羅(標高 553m)-公園下(標高 587m)-公園上(標高 624m)-中強羅(標高 668m)-上強羅(標高 717m)-早雲山(標高 761m)と一挙に上がっていきます。
(写真3 ケーブルカー 早雲山駅から)
ケーブルカー 早雲山駅から

途中の公園上と中強羅の間で、行き違いを行います。写真は下りのときのものですが、窓が広く(前方も側面も)景気がよく見えます。
(写真4 ケーブルカー車内から)
ケーブルカー車内から

なお、車内はケーブルカーなので、階段状になっています。
(写真5 ケーブルカー車内の様子)
ケーブルカー車内の様子

終点の早雲山駅には、お子様用の制服があり、記念撮影ができるようになっていました。
(写真6 早雲山駅のお子様用の制服)
早雲山駅のお子様用の制服

ここからは、箱根ロープウェイ(早雲山-桃源台)に接続します。

次回の「登山電車で箱根の山へ」は、最終回で、箱根登山鉄道のグッズなどをご紹介する予定です。

[2013/11/30 追記]
箱根登山鉄道より、駅名看板(駅名標)やパンフレットに記載されている標高表示に誤りがあったと、2013年11月29日に公式発表がありました。
この記事に書かれている標高は、修正される以前の数値ですので、ご注意ください。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する