にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年6月13日~16日に、東京ビッグサイト(東京国際展示場・東京都江東区有明)で開催中の「東京おもちゃショー2013」の、13~14日の商談見本市(一般入場不可)からの続きで、3回目も引き続きバンダイのコーナーからです。

※掲載の商品は、出展各社に写真撮影・掲載を確認した上で公開しています。

年齢の低いお子さん向けに力を入れていたのが、“アンパンマン”です。このうち、「おうちも、おそとも!アンパンマンおしゃべりたまご」は、日本おもちゃ大賞2013 エデュケーション・トイ部門の優秀賞を受賞していました。
(写真1 バンダイのアンパンマンの玩具)
バンダイのアンパンマンの玩具

天井には、大きなアンパンマンが飛んでいました。とにかく、バンダイのコーナーには、大きなものがたくさんあり、来場者を楽しませようという心意気が伝わってきます。このほか、ノベルティーグッズとして、アンパンマンのメモ帳を配布していました。
(写真2 天井のアンパンマン)
天井のアンパンマン

そして、少し年齢が上がったら、アンパンマンから「ブロックラボ」へという形で、乗り物(鉄道や車)のブロック遊びです。
(写真3 列車も多数のブロックラボ)
列車も多数のブロックラボ

ちなみに、ブロックといっても、これまでのブロックとはちがい、どちらかというと、普通の鉄道玩具などに近いもので、部分的につなぐという感じです。それぞれのよいところを合わせて、教育的な玩具に仕上げたという感じのものです。
(写真4 車も充実のブロックラボ)
車も充実のブロックラボ

ブロックラボを使ったレイアウトも展示されていました。山手線やJR東日本・JR東海の新幹線など、基本をしっかりと押さえたラインナップで、街の情景も含め、とても楽しそうなものでした。
(写真5 ブロックラボを使ったレイアウト)
ブロックラボを使ったレイアウト

それから、再び鉄道などのVooVシリーズとなりますが、こちらは食玩やキャラクター商品として販売しているものです。VooVとしても3年ですから、しっかりと成長してきている商品だと思います。
(写真6 食玩などにもなっているVooVシリーズ)
食玩などにもなっているVooVシリーズ

一方、こちらは鉄道玩具ではありませんけれど、「チョウヘンカン文字バケるかな」という、気になる食玩がありました。いろいろなバージョンが考えられているようで注目の商品です。
(写真7 食玩 チョウヘンカン文字バケるかな)
食玩 チョウヘンカン文字バケるかな

バンダイのご紹介最後も、“巨大な”バンダイ新聞です。
(写真8 巨大なバンダイ新聞)
巨大なバンダイ新聞

バンダイの鉄道ものは“Bトレインショーティー”が大人気なので、鉄道系ですとそればかりに目がいきがちですが、たくさんのすてきなおもちゃを販売しています。

次回の「東京おもちゃショー2013 商談見本市」からは、定番の鉄道玩具をご紹介していく予定です。

このおもちゃショーは、明日(2013年6月16日)まで、東京ビッグサイト(東京国際展示場・東京都江東区有明)で開催しています。
一般公開日ですので、一部展示品がかわるものの、よりイベントらしく、またお子様にも実際に遊んでもらい、楽しめるように工夫する出展社も多くなります。ただし、日曜日ということで大変な混雑が予想されますので、あらかじめご了承下さい。
詳しくは、東京おもちゃショー2013(一般社団法人 日本玩具協会)の公式サイトでご確認下さい。
(URL 東京おもちゃショー2013の公式サイト)
http://www.toys.or.jp/toyshow/

本日は、このほかに、「神奈川新町駅に京急ビルを建設 駅ビルは?」の記事があります。また、この後も、さらに更新を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する