にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年6月8日(土)に開催された「第2回 東急×京急合同ウォーク 多摩川沿いコース」、東急線 多摩川駅(東京都大田区)から、東芝科学館・味の素川崎工場見学を含み、京浜急行・大師線 川崎大師駅(神奈川県川崎市)までの12.2Kmで、3回目・JR東日本の多摩川橋梁~ガス橋です。

前回の記事で少し先に見えていたJR東日本の多摩川橋梁を越えて、下流側から見た様子です。251系が橋を渡っているところです。
(写真1 多摩川橋梁)
多摩川橋梁

ここから、ガス橋まではひたすら河川敷を歩いていくコースとになっていますが、これといって何があるわけではなく、ダラダラとした感じで長く感じます。
(写真2 多摩川の河川敷 多摩川橋梁~ガス橋)
多摩川の河川敷 多摩川橋梁~ガス橋

多摩川橋梁の付近では、野球など、行われているスポーツの種類もいくつかありましたけれど、橋から離れるとゴルフばかりです。
(写真3 河川敷を利用したゴルフ)
河川敷を利用したゴルフ

やがて、下流に向かって右手に、日本電気(NEC)玉川事業場が見えてきました。
新しいビルになりましたが、同社の公式サイトによると、玉川ルネッサンスシティというそうです。
まずは、JR南武線向河原駅(または武蔵小杉駅)付近まできたということになります。
(写真4 NEC玉川事業場)
NEC玉川事業場

景色が単調なため、日頃はあまり気にしていない「捨て猫・捨て犬禁止の看板」に目がいきます。
とはいえ、もちろん、動物を捨ててはいけないのはいうまでもありません。
(写真5 捨て猫・捨て犬禁止の看板)
捨て猫・捨て犬禁止の看板

気候の関係もあり、水分をしっかりとりながら歩き続け、ようやく景色が変わるガス橋が近くなってきました。
ガス橋の手前には、キヤノン(Canon)の本社があります。
(写真6 キヤノン本社)
キヤノン本社

そして、ようやくガス橋です。ここから、一旦、多摩川の河川敷から一般の道路へとコースが変わります。
(写真7 ガス橋)
ガス橋

しばらくの間、電車にもバスにも出会える場所ではありませんでしたけれど、川崎市バスがやってきました。
ここまでくると、もう少しでJR南武線の平間駅です。
(写真8 川崎市バス 川71 小杉駅ゆき)
川崎市バス 川71 小杉駅ゆき

次回の「第2回 東急×京急合同ウォーク 多摩川沿いコース」は、JR南武線の平間駅~東芝科学館を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する