にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2013年6月上旬に都内某所で開催された「小金井HOクラブの運転会」に、久しぶりに参加させていただきました。
今回も、メンバーの皆さんと車両を持参してされて参加された方々の了解とご協力を得て、製作された鉄道模型をご紹介させていただくことにします。

まず、はじめは、ちょうどプラレールの西武鉄道9000系の一般販売が開始されたというタイミングもあるので、西武鉄道の車両で101系のHO(16.5mm)ゲージです。
(写真1 西武鉄道 101系 HOゲージ)
西武鉄道 101系 HOゲージ

反対側には、同じく西武鉄道の新101系が連結されています。
(写真2 西武鉄道 新101系 HOゲージ)
西武鉄道 新101系 HOゲージ

続いて、新101系と101系の連結シーンです。
スタートから、いつも通りすごい車両ばかりです。
(写真3 西武鉄道 新101系と101系の連結 HOゲージ)
西武鉄道 新101系と101系の連結 HOゲージ

さらに、同じ方の作品ですけれど、こちらのDE10形ディーゼル機関車は、なんとOJゲージ(日本の鉄道模型規格:狭軌1067mmの1/45スケールで24mm)です。
この規格では正面から見たときに、NやHOゲージと比べ、1067mmの線路幅の車両が実車に近く格好良く見えます。
また、HOゲージでもかなりの迫力がありますが、O・OJゲージになるとさらに実車に近い感じになってきます。
(写真4 DE10形ディーゼル機関車 OJゲージ)
DE10形ディーゼル機関車 OJゲージ

そして、なんといっても、細かいところまで丁寧に作られているので、その完成度が、より迫力を感じさせます。
(写真5 OJゲージ DE10形 側面)
OJゲージ DE10形 側面
(写真6 細部まで再現されたDE10形の鉄道模型)
細部まで再現されたDE10形の鉄道模型

走行の様子も見せていただきましたが、とてもスムースに走り、レールを通過する音も格別です。
なお、左隣には、同じ形式のHOゲージがありますけれど、いつもとちがい、とても小さく感じます。
(写真7 HOゲージとOJゲージ)
HOゲージとOJゲージ

このほか、DE10形の後ろに見える(国鉄)キハ22形(キハ20系)も、OJゲージです。
もちろん、走行時にはライトも点灯して、とても楽しいです。
(写真8 キハ22形 OJゲージ)
キハ22形 OJゲージ

次回の「小金井HOクラブの運転会」からは、私鉄車両の前に電気機関車や客車などのHO車両をご紹介する予定です。

本日は、この記事のほかに「第2回 東急×京急合同ウォーク 多摩川沿いコース(2)」があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する