にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
ハッピーセットプラレール2013の配布が終了してから少し経ちました。ちょっとずつ遊んだ場合は、そろそろ電池交換の時期ではないかと思います。
今年春のシリーズでは、 キハ183系「旭山動物園号」と、E259系の成田エクスプレスにLEDが搭載されていて、電池が入っています。

まずは、雪の模様が出て青く光るキハ183系「旭山動物園号」からです。
(写真1 ハッピーセットプラレール キハ183系「旭山動物園号」)
ハッピーセットプラレール キハ183系「旭山動物園号」

いつものように、三角ネジで固定されています。そのため、カバーを開けるためには、三角ドライバーが必要となります。
なお、三角ネジが使用されているということは、本来は開けてはいけないという意味が含まれています。(電池がなくなるまでの使い捨て)このため、電池交換を行う際は“自己責任”で、十分に安全などに配慮して行って下さい。当サイト(ブログ)でも責任は一切負いかねます。
(写真2 三角ドライバー)
三角ドライバー

(URL 関連記事~プラレール用三角ドライバーを購入)
http://pandaneko1.blog120.fc2.com/blog-entry-54.html

三角ドライバーが用意できましたら、車体裏の三角ネジ3箇所を外します。
(写真3 三角ドライバーでネジを3箇所外す)
三角ドライバーでネジを3箇所外す

3つともネジを外すと、いくつかのパーツに分かれます。※それぞれなくさないように注意が必要です。
(写真4 ネジが外れてバーツに分かれた様子)
ネジが外れてバーツに分かれた様子

さらに、電池を交換するためには、電池のカバーのネジ(小)を2つ外します。小型ですが、こちらはネジとなっています。100円ショップなどでも販売している精密ドライバーで十分です。※こちらも、ネジやパーツをなくさないように注意が必要です。
(写真5 電池のカバーのプラスネジを外す)
電池のカバーのプラスネジを外す

キハ183系「旭山動物園号」には、3個のボタン形電池LR41が入っています。
(写真6 ボタン形電池LR41が3個入っている)
ボタン形電池LR41が3個入っている

使用済みの電池を取り出し、再び入れる際には、台車を電池の+方向に少し傾けながらですと、入れやすいと思います。
(写真7 台車を電池の+方向に少し傾けると入れやすい)
台車を電池の+方向に少し傾けると入れやすい

電池が交換できましたら、スイッチを入れて、青いLEDが点灯することを確認します。
この際、カバーを閉じた状態と比べると、スイッチを操作しづらいので、難しければ点灯試験をパスして、一度車体カバーを閉じてから確認してもよいと思います。
(写真8 青いLEDが点灯)
青いLEDが点灯

あとは、逆順でセットしてすべてのネジを締めれば完了です。
この春のセットでは、カバーを開けるのに苦労する(固定されている)ものはなくなりましたので、とても親切な設計になっていると思います。
E259系の成田エクスプレスについては、後日、記事を掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する