にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
このところ、箱根登山鉄道の話題を書いていましたら、なんと箱根登山鉄道と小田急電鉄から、(1989年以来)25年ぶりの新型車両となる3000形のデザインと、2014年から運行を開始する予定という発表が、昨日(2013年6月5日に)ありました。
(写真1 2014年に運行開始予定の箱根登山鉄道3000形)
2014年に運行開始予定の箱根登山鉄道3000形
※箱根登山鉄道・小田急電鉄公式発表より

(URL 箱根登山電車 箱根登山電車 新型車両 デザイン決定!)
http://www.hakone-tozan.co.jp/dat/pdf/20130605.pdf

(URL 小田急電鉄 箱根登山電車 新型車両 デザイン決定!)
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7974_3318383_.pdf

さすがに、観光列車だけあり、前面の大型ガラスや側面の展望窓など採用するほか、木目調の化粧板を使用するそうです。
そして、車体も今はやりの銀ではなく、“「バーミリオンはこね(Vermillion Hakone)”という、緋色(ひいろ)や茜色(あかねいろ)をベースとしたものだそうです。

※バーミリオンといえば、グリーンマックスから発売されている鉄道模型用の鉄道カラーを思い出したりします・・・。現在は、京浜急行電鉄用の“京急”の部分がなくなり、バーミリオンAという名前になりました。

このほか、箱根登山鉄道は初めてとなるVVVFインバータ、室内灯や前照灯(前灯)にLED照明を採用、さらにバリアフリーに対応という点がアピールされています。

また、車内の内観デザインも発表されていて、クロスシートとなり、ボックス席には大型のテーブルや、掘り込み式のカップホルダーも準備されるようです。
(写真2 箱根登山鉄道3000形の車内内観デザイン)
箱根登山鉄道3000形の車内内観デザイン

なお、竣工が来年(2014年)の4月で、営業運転開始が同年の11月予定となっています。

もともと、予定していた「登山電車で箱根の山へ (4)」は、本日中に予告の通り掲載します。
関連記事
コメント
コメント
箱根が少しずつ注目されそうです
雷鳥8号 様
確かに、車両ほか、いろいろなところが箱根登山鉄道と叡山電鉄は似ている感じがします。
どちらも、景色のきれいなところを走行しますので、さらに楽しい鉄道だと思います。
そして、小田急電鉄は、箱根の観光に、さらに力を入れていく姿勢を見せています。ロマンスカーの増発の発表もあれましたけれど、つづいて箱根登山鉄道の新車というように、これからがとても楽しみですし、箱根や登山電車が少しずつ注目されそうです。
あと、ブログの鉄道模型の企画は面白かったと思います。また、機会がありましたら、なにかコラボできるといいなと思っています。
2013/06/07(金) 04:30:13 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
きららみたいなコンセプト?
こんばんは
なかなか良さそうな新型車両ですね
パッと見た感じ、叡電のきららレッド
見たいに見えました。(丁度、今私の
ブログに載ってますが 笑い)
叡電も四季折々の山並みを観光する
観光鉄道の側面を持っていますので
箱根登山鉄道もより、乗客への車両
のアピールは必要でしょうね
旧型車両を好むのは鉄ちゃんですし
一般の観光客は新しくて見晴らし
のいい車両がいいでしょうね!
そうそう、別のスレッドですが
私のブログ紹介を頂き有難う
御座います。
ではでは また
2013/06/06(木) 20:13:32 | URL | 雷鳥8号 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する