にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
今日は、いつものように秋葉原へ用事があり出かけたところ、京浜東北線上中里駅付近での不発弾処理を行うということで、11:00~14:00頃まで、京浜東北線はじめ、湘南新宿ラインやJR東日本の新幹線などが一部区間で運休となっていました。
この時間、乗車した横浜方面からの北行の京浜東北線は、ほとんどの列車が「品川」ゆきでの運行となりました。
(写真1 品川ゆき表示の京浜東北線 川崎駅)
品川ゆき表示の京浜東北線 川崎駅

前面のほか、側面の行先表示も「品川」を表示していました。
(写真2 側面の品川ゆき表示 次は蒲田)
側面の品川ゆき表示 次は蒲田

そうすると気になるのが車内のLCDの案内表示で、どうなっているのかと思えば、普通に品川までの所要時間などを案内していました。
(写真3 車内のLCDの案内表示)
車内のLCDの案内表示

駅の発車案内も、「品川」ゆきが並びます。なお、この区間では、京急線への振り替え輸送を行っていることを案内していました。ちなみに、「京浜急行線への・・・」というように、略さずに放送していました。JR東日本では駅の案内板なども、略さずに「京浜急行線」と書かれていたりします。
(写真4 品川ゆきが並ぶ駅の発車案内)
品川ゆきが並ぶ駅の発車案内

そして、品川駅で折り返しができるなどと思っていなかったので、どのように行うのかも見てきました。
まず、品川駅3番線到着後に乗客を降ろして、回送となります。
(写真5 品川駅3番線に到着・回送となる)
品川駅3番線に到着・回送となる

そして、いままで知ら(気がついてい)なかった引き上げ線があって、そこに列車が入っていきました。
何十年も乗っていますが、写真にわずかに写り込んでいる“赤い電車”にばかり気をとられているからでしょうか・・・。
(写真6 品川駅の引き上げ線に入る上り京浜東北線)
品川駅の引き上げ線に入る上り京浜東北線

そして、引き上げ線から品川駅4番線に南行(横浜・大船方面)の列車として入線してきます。
(写真7 引き上げ線から品川駅4番線に南行列車として入線)
引き上げ線から品川駅4番線に下り列車として入線

ここからは、品川駅の始発という以外は、いつもと同じ流れにもどります。いまさらながら、ちょっと勉強になりました。
(写真8 4番線からの始発となった南行の京浜東北線)
4番線からの始発となった南行の京浜東北線

この先の東京方面へは、山手線・東海道線・横須賀線で向かうことになります。
秋葉原駅に着いたときには、すでに約30分後に運転再開予定の案内が“快速”で表示してありました。
最近、とても効率よく便利になったと感じる首都圏のJR東日本です。

今回は、予定を変更して先にこの記事を書きました。逓信総合博物館ていぱーくと、箱根登山鉄道の話題も、順次掲載していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
幕車は面白いですね
目黒秋刀魚講談師 様
209系時代の幕はよく知りませんでしたが、書いていただいたような順番になっていたのですね。幕車で普段見られない表示が出たときのお得感は、LED表示よりもあるのではないでしょうか。
また、E233系になったことで、いろいろな事態への対応もより便利になったように思います。最近のものは、以前と比べて、飛躍的に向上していると感じます。
それから、路線名の表示は便利で、バスの方向幕などでしたら、会社名を表示ということで、汎用性があると思います。
2013/06/16(日) 20:06:06 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
京浜東北線品川行きが209系だったら…
京浜東北線南行の蒲田始発大船方面行きは早朝に運転されており、午前中には東神奈川行きも存在します(東神奈川始発はどうか不明)。
今でこそ京浜東北線はE233系ですが、これが従来の209系(0番台)であれば、品川行きは幕を山手線の位置までまわす必要があります。かつて209系には山手線関連の幕も用意され、蒲田止まりが蒲田到着後、幕を「回送」に変える際に「山手線」「大崎」「池袋」「品川」「田端」などの表示を見ることができました。
余談ですが、湘南新宿ラインや宇都宮線などの工事で京浜東北線が浦和地区で運休される場合、大宮からの北浦和折り返しはE233系でも表示が対応されておらず、「京浜東北線」表示で運転されていたようです。
2013/06/16(日) 07:33:17 | URL | 目黒秋刀魚講談師 #t50BOgd. [ 編集 ]
北行最終の蒲田ゆきは以前よく乗りました
目黒秋刀魚講談師 様
昨日(15日)の信号トラブルは報道で知り、大船-蒲田間(南側)で折り返し運転となっていましたけれど、一部は品川まで運行できたのですね。品川まで行ってくれると、山手線などへの乗り換えが可能となるので、とても助かると思います。
それから、北行最終の蒲田行は、以前毎日のようにお世話になった時期も長いことありました。最近、遅い場合は、東京方面からの方が多くなったので、しばらく乗っていません・・・。
そういえば、通常のダイヤでも本数はわずかですが、蒲田始発の南行や、東神奈川始発の北行などもあったかと思います。
何か、また情報などありましたら、ぜひともお知らせ下さい。
2013/06/16(日) 02:07:33 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
珍しい京浜東北線品川行き
京浜東北線での品川行きは、本日も見られました。
これは品川駅での信号装置故障の影響により東十条ー品川間が運転見合わせになったためで、横浜方面からの北行では蒲田行きや品川行きになっていました。蒲田行きというのは南行(横浜・大船方面)では頻繁に見られますが、北行(大宮方面)では終電くらいでしか見られません。蒲田駅では中線(2・3番線)で横浜・大船方面に折り返す通常は見られない光景が見られました。
2013/06/15(土) 23:41:10 | URL | 目黒秋刀魚講談師 #t50BOgd. [ 編集 ]
トレインチャンネルで
SeriesN1000 様
品川ゆきの京浜東北線というのは、なかなか見られないですし、品川駅で折り返せるということも知らなかったので、よい機会になりました。
また、不発弾の処理が無事に終わったことは、帰りに、車内のトレインチャンネルのニュースで知りました。危険を伴うだけに、無事に終わって何よりです。
今回は、赤い電車までゆっくり見てくることはできなかったので、次の機会にはとも思っています。
2013/06/05(水) 03:35:33 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
京浜東北線ではまず品川行は見れないので、レアなものが見れましたね。
不発弾処理の方は無事に終わったようで良かったです。
2013/06/04(火) 19:50:51 | URL | SeriesN1000 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する