にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
横浜市鶴見区と京浜急行電鉄がコラボして、2013年3月31日まで行っている企画「千客万来つるみ」の“いっぱい寄り道!つるみ散策MAP”から、キリン横浜工場(キリン横浜ビアビレッジ)の見学です。※要予約・2名以上から

キリン横浜工場の最寄駅は京急線生麦駅で、同駅ではキリンにちなんだ(列車接近)駅メロディーが流れます。また、花月園前駅寄りの1番線ホームの壁は、キリン横浜工場の案内になっています。
(写真1 京急線生麦駅)
京急線生麦駅

今回は、先日の記事でご紹介した日産自動車横浜工場から向かいましたので、横浜市営バスの明神前バス停(生麦駅近く)で下車しました。
なお、19系統は、生麦/新子安駅(生麦経由・循環)ゆきもあります。また、3月30日以降は、鶴見駅ゆきは廃止され、明神前→京急生麦駅前→生麦(鶴見営業所)となります。
(写真2 横浜市営バス 明神前バス停)
横浜市営バス 明神前バス停

明神前バス停を降りてから、第一京浜(国道15号線)を新子安駅方向へ向かいます。途中、寄り道の感じで、「生麦事件参考館」の前を通って行きました。※生麦事件参考館(私設)の見学は予約が必要です。
(写真3 生麦事件参考館)
生麦事件参考館

再び、第一京浜にもどると、横浜市営バスの鶴見営業所・生麦バス停が見えてきます。
(写真4 横浜市営バス 鶴見営業所・生麦バス停)
横浜市営バス 鶴見営業所・生麦バス停

ここまで来ると、すぐ前に「キリン横浜工場」が見えます。
(写真5 生麦バス停前に見えるキリン横浜工場)
生麦バス停前に見えるキリン横浜工場

信号を渡り、首都高速横浜環状北線の工事現場を抜けていくと、「キリン横浜ビアビレッジ」の入口です。
(写真6 キリン横浜ビアビレッジ入口)
キリン横浜ビアビレッジ入口

正面に見える建物が、見学コースの入口になっています。
(写真7 見学コースの入口)
見学コースの入口

この場所から振り返ると、貨物線(JR東日本)の「高島線・東海道生麦ガード」があります。鉄道的にも面白い場所です。
(写真8 キリンの敷地内から見る高島線・東海道生麦ガード)
キリンの敷地内から見る高島線・東海道生麦ガード

次回の「キリン横浜工場」は、いよいよ建物の中をご紹介していきます。
関連記事
コメント
コメント
意外と古くからある地名
た625 様
あまりにもピッタリなので、生麦とビールが結びついてしまいますが、すでに江戸時代には、“生麦”という地名になっていますので、書いていただいたとおり、キリンとは直接関係ありません。しかも、関東大震災(大正)後に、同じ横浜の山手から、現在の生麦に移ってきています。
それから、生麦事件については習ったはずなのに、地元横浜の私でも簡単に説明できほどに理解したのは、恥ずかしながら最近なので・・・。
あと、工場見学についてくる“試飲”も、とてもよかっです。詳しくは順に記事にしていきますので、引き続きお読みいただけると嬉しく思います。
2013/03/22(金) 02:05:58 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
こんばんは
こんばんは
前回の記事でも、生麦と言う言葉が出ていましたので、
ビール好きの私はとても気になっていました(笑)
てっきりキリン横浜工場があるから生麦駅かと思いきや、
生麦事件の舞台となったところだったのですね(汗)
もっとも、歴史とか苦手でしたからね。
生麦事件のことも詳しくは覚えて無いのですが。。。
ビール工場の見学、良いですね!
もちろんビールの試飲のあったのでしょうか?
次回を楽しみにしています(^^)
2013/03/21(木) 21:55:15 | URL | た625 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する