にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展のつづき6回目です。

今回は、同じ並びの出展から2団体ご紹介します。
まずは、「上州モントレーライン」の皆さんと書く流れですが、お一人で出展されているとのことでした。
いつも参加されているモデラーさんで、モジュールを少しずつ手がけているようです。
(写真1 上州モントレーライン)
上州モントレーライン

情景は高崎線に両毛線や、上越線のイメージで、それに合わせた列車がモジュール上を走行します。
(写真2 高崎線や上越線のイメージ)
高崎線や上越線のイメージ

駅のホームをカープ区間に作るなど、見所を工夫されているように見えました。
このほかにも、鉄橋のシーンなど、魅力的なシーンがいろいろとありました。
(写真3 土合駅をイメージした風景)
土合駅をイメージした風景

つづいては、昨年はおとなりで大変お世話になった「日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部」の皆さんです。
今年は、NHKのニュースで、新幹線の走行シーンなど、この会場での様子が放送されて盛り上がっていました。
(写真4 日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部)
日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部

こちらも、モジュールでの出展ですが、コンテストのように限られた長さではないので、これを生かして、遠くまで見通せるシーンなどがすてきです。
(写真5 遠くまでつづく道路)
遠くまでつづく道路

ちょっとしたシーンとして、神奈中のバスがいっぱいの車庫などもありました。
(写真6 バスの車庫)
バスの車庫

第18回 国際鉄道模型コンベンション・モデラー出展の紹介も、まだ続きます。