にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の8回目です。

はじめは、“下神明らしき立体交差”というタイトルの「世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
限られたすベースの中での表現で、東海道新幹線の高架が目立ちます。
(写真1 世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会)
世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会

東急大井町線下神明駅付近をモデルにしたもので、3線が交差する特徴あるポイントを再現しています。
(写真2 下神明らしき立体交差)
下神明らしき立体交差

つぎは、“世紀の大工事 逆立体交差化”というタイトルの「早稲田大学高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
逆立体交差化という珍しい工事をテーマにして、その様子がよくわかるよう上手に作り上げています。
(写真3 早稲田大学高等学校 鉄道研究同好会)
早稲田大学高等学校 鉄道研究同好会

また、工事の様子は、全体ばかりではなく、細かいところも再現しています。
(写真4 世紀の大工事 逆立体交差化)
世紀の大工事 逆立体交差化

目白通りと西武池袋線の工事がよく理解できて、見ていても楽しい作品だと思います。
(写真5 目白通りと西武池袋線の逆立体交差化)
目白通りと西武池袋線の逆立体交差化

つづいては、“秋の紅葉渓谷鉄道”というタイトルの「関東学院中学校高等学校 鉄道研究部」の作品です。
タイトル通り、紅葉が鮮やかで目を引く表現です。季節もちょうどよい頃になりますので、列車からきれいな景色を見たいものです。
(写真6 関東学院中学校高等学校 鉄道研究部)
関東学院中学校高等学校 鉄道研究部

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は、まだしばらく続きます。