にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月18日(金)~20日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第18回 国際鉄道模型コンベンション」(JAM)から、モデラー出展のつづき3回目です。

今回は、同じ並びの一番奥の方で出展されていた「麦レ~ル」の皆さんの作品です。
まずは、今年、話題の作品だった千葉都市モノレールです。
(写真1 麦レ~ルの出展から)
麦レ~ルの出展から

3Dプリンターを使って自作したという作品は、便利な道具と作者の技術をうまく使ったすごいものになっています。
製作の説明があるのも楽しめるところです。
(写真2 千葉都市モノレールと3Dプリンター)
千葉都市モノレールと3Dプリンター

このほか、代表的な作品もいくつか展示されていました。
その一つが、篠ノ井線の姨捨駅です。
(写真3 篠ノ井線姨捨駅)
篠ノ井線姨捨駅

駅はもちろんのこと、周辺までそのまま縮尺したような作りは、姨捨駅と作品の魅力を同時に伝えます。
(写真4 姨捨駅周辺と貨物列車)
姨捨駅周辺と貨物列車

このほか、伊豆急行線の今井浜海岸駅もすてきです。
(写真5 今井浜海岸駅のジオラマ)
今井浜海岸駅のジオラマ

都会的なジオラマでは、東武鉄道大師線の大師前駅も、たくさんのバスと共に楽しむことができます。
(写真6 東武鉄道大師線大師前駅)
東武鉄道大師線大師前駅

第18回 国際鉄道模型コンベンション・モデラー出展の紹介は続きます。