にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の5回目です。

はじめは、“西武 秋津×JR 新秋津”というタイトルの「慶応義塾志木高等学校 鉄道研究会」の作品です。
新秋津駅と交差して、別の列車が通過しています。
(写真1 慶応義塾志木高等学校 鉄道研究会)
慶応義塾志木高等学校 鉄道研究会

モジュールのJR武蔵野線の新秋津駅を上から見ると、踏切や線路があり、これが西武線となっています。
(写真2 JR武蔵野線 新秋津駅)
JR武蔵野線 新秋津駅

西武線の秋津駅付近も、作りがリアルなだけではなく、街にドラマがあります。
(写真3 西武鉄道 秋津駅付近)
西武鉄道 秋津駅付近

少し離れた西武線の秋津駅とJR武蔵野線の新秋津駅間を、うまくまとめて再現していると思います。
(写真4 西武 秋津×JR 新秋津)
西武 秋津×JR 新秋津

つぎは、北陸新幹線とJR飯山線の“飯山駅”をテーマにした「長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会」の作品です。
長野県にできた新駅への思いを込めたモジュールです。
(写真5 長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会)
長野工業高等専門学校 旅・鉄道研究同好会

北陸新幹線がとまる大きな駅を、在来線と合わせて、細かく作っています。
また、LEDなどを使ったコンコースなども、雰囲気がよいと思います。
(写真6 飯山駅)
飯山駅

第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の話題は続きます。