にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年8月5日(土)~6日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の1回目です。

鉄道模型コンテストは、参加団体(校)がとても多いことと、写真の撮影状況などから、すべての参加学校(団体)をご紹介できませので、あらかじめご了承ください。

はじめは、“盛夏の上越国境”というタイトルの「大森学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR上越線の車窓から見える景色をイメージして作られています。
(写真1 大森学園高等学校 鉄道研究部)
大森学園高等学校 鉄道研究部

川や鉄橋もよく作り込まれていますが、山の部分にもドラマがあります。
(写真2 山中の道路にもドラマ)
山中の道路にもドラマ

また、列車が通過すると、さらにジオラマのよさが引き立つ作品です。
(写真3 盛夏の上越国境)
盛夏の上越国境

つづいては、“八丁畷駅の日常”というタイトルの、「桐朋中学・高等学校 交通研究部 鉄道研究班」の作品です。
JR南武支線(南武線浜川崎支線)と京浜急行線が交差する八丁畷駅を再現しています。
(写真4 桐朋中学・高等学校 交通研究部 鉄道研究班)
桐朋中学・高等学校 交通研究部 鉄道研究班

都会の電車ですが、2両編成でワンマン運転する南武支線の八丁畷駅も、ウェザリングにこだわりながら、イメージをよく再現しているのではないかと思います。
(写真5 JR南武線 南武支線 八丁畷駅)
JR南武線 南武支線 八丁畷駅

3校目は、かわいい“クジラ”の中を列車が走行する「鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
シンプルでありながら、愛嬌があると同時に、力強さも感じるクジラが楽しく表現されています。
(写真6 鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部)
鶴見大学附属中学校・高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2017・第9回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、他の部門やほかの話題などを入れながら、しばらく続く予定です。