にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の11回目です。

京浜東北線・横浜線・中央線・篠ノ井線・信越本線と乗り継いで、横浜市内から約6時間30分かけて長野駅に到着です。
(写真1 長野駅の駅名標と特急しなの)
長野駅の駅名標と特急しなの

最後に乗車してきたE127系のとなりには、JR東海の383系です。
(写真2 JR東海383系とJR東日本E127系)
JR東海383系とJR東日本E127系

特急「しなの」の長野方先頭車両は、グリーン車です。
(写真3 383系のグリーン車)
383系のグリーン車

信越本線を挟んで、長野駅から妙高高原駅までは、しなの鉄道の北しなの線となっています。
(写真4 しなの鉄道115系)
しなの鉄道115系

長野駅を出発したしなの鉄道の115系と入れ替わるように、飯山線のキハ110系がやってきました。
(写真5 しなの鉄道115系とJR東日本キハ110系)
しなの鉄道115系とJR東日本キハ110系


飯山線のキハ110系も終点・長野駅に到着です。
(写真6 キハ110系)
キハ110系

ちなみに、越後川口~豊野駅間が飯山線、豊野駅から長野駅までは、しなの鉄道北しなの線(旧・信越本線)となっています。
(写真7 キハ110系の方向幕 越後川口)
キハ110系の方向幕 越後川口

そして、飯山線の列車を追うように、しなの鉄道で長野色の115系が入線してきました。
(写真8 キハ110系と長野色の115系)
キハ110系と長野色の115系

次回の普通列車で横浜→長野は、長野駅からのつづきを予定しています。