にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
夏の暑い間、週に1回程度通うことになったJR根岸線(京浜東北線)関内駅では、北口の整備工事が行われていて、だいぶきれいになりました。
(写真1 完成間近の関内駅北口整備工事)
完成間近の関内駅北口整備工事

北口は、横浜市営バスや神奈川中央交通のバスがたくさん行き交う通りや、馬車道に近い改札となります。
(写真2 関内駅北口交差点)
関内駅北口交差点

きれいになった様子が見られる一方で、囲いがあり、工事がつづいている場所もあります。
(写真3 工事が行われている関内駅北口付近)
工事が行われている関内駅北口付近

少し、南口(横浜市庁舎・横浜スタジアム)方面へ行ったところには、タクシー乗り場がありました。
(写真4 タクシー乗り場)
タクシー乗り場

ここには、工事の案内板が設置されています。
(写真5 工事の案内)
工事の案内

また、塀には、伊勢佐木町などの写真を見ることができます。
(写真6 伊勢佐木町などの写真)
伊勢佐木町などの写真

さて、改札へ向かうと、券売機の上には、「ヨコハマ・みなとみらいバス」の案内がありました。
横浜高速鉄道みなみらい線(東急線直通)の車両と、京浜東北・根岸線のE233系が並んでいます。
(写真7 ヨコハマ・みなとみらいバスの案内)
ヨコハマ・みなとみらいバスの案内

改札内に入ると、すでにきれいになっていました。
(写真8 関内駅北口改札内)
関内駅北口改札内

そして、エスカレーターを上がり、ホームに出ると、南行には京浜東北・根岸線が、北行には貨物列車が通過していました。
(写真9 関内駅ホームの貨物列車と根岸線)
関内駅ホームの貨物列車と根岸線

お約束のような駅名標は、ナンバリングが行われた新しいもののほかに、古いタイプのものも残っていました。
(写真10 古いタイプが残っている関内駅の駅名標)
古いタイプが残っている関内駅の駅名標

しばらくは通うことになりますので、大きな変化があったときは、記事にしたいと思います。