にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
いつもは、東海道線からですが、今回は少し見やすくなった京浜東北線内から“2017年7月上旬”の「旧・田町車両センター(跡地)の再開発工事」の進捗状況です。
(写真1 品川駅京浜東北線ホーム)
品川駅京浜東北線ホーム

品川駅付近の工事も、いつもとはちがう角度からみることになります。
このあたりは、京浜急行線からもよく見えるところです。
(写真2 品川駅付近)
品川駅付近

少し田町駅方面に進みますと、多数の大きな袋が目にとまります。
(写真3 多数の大きな袋)
多数の大きな袋

土砂の山も近くに見えます。
(写真4 土砂の山)
土砂の山

いつもは、遠くにたくさん見えていた建物も、形などがはっきりとわかります。
(写真5 プレハブ)
プレハブ

そして、工事に関係する車両も多数見られます。
(写真6 たくさんの車両)
たくさんの車両

品川駅を出発してかなり進みますと、大きな筒状の資材とクレーン車も目立ちます。
(写真7 大きな筒状の資材とクレーン車)
大きな筒状の資材とクレーン車

このあたりから、東海道線からでは近すぎて、全体がつかめない橋脚らしきものも、どのようになっているか認識できます。
(写真8 橋脚らしきもの)
橋脚らしきもの

このうち、品川方のものは、周りの囲いがなくなっています。
(写真9 周りの囲いがない橋脚らしきもの)
周りの囲いがない橋脚らしきもの

さらに、田町駅が近づいたところも、北行の京浜東北線からなので、少し高い位置からよく見えます。
(写真10 田町駅に近いところの工事の様子)
田町駅に近いところの工事の様子

また、機会を見つけて、記録をとる予定です。