にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
少し間が開いてしまいましたが、この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と長野/桐原(長野県)を、中央線などの普通列車のみで日帰り往復した記録の7回目です。

乗車の列車は、田沢駅に到着しました。
前回、先頭車が見えていた211系は、この列車と入れ替わりに、松本方面へ出発していきます。
(写真1 篠ノ井線の211系)
篠ノ井線の211系

211系の方が篠ノ井線のイメージがありますし、なんといっても3両編成で、車内にゆとりがあるがあります。
(写真2 篠ノ井線田沢駅)
篠ノ井線田沢駅

一方、こちらは2両編成のE127系のため混雑気味で、車内の案内は大糸線ばかりです。
(写真3 ミラーに映るE127系)
ミラーに映るE127系

田沢駅を出発した列車は、明科駅へ向かいますが、単線から複線に変わります。
遠くに見える山には、まだ雪が残っています。
(写真4 田沢駅-明科駅間の景色から)
田沢駅-明科駅間の景色から

そして、明科駅では、JR東海の特急“しなの”とすれ違いました。
(写真5 JR東海 特急しなの)
JR東海 特急しなの

さらに、明科駅より先、篠ノ井方面は再び単線になりました。
長い直線区間もあります。
(写真6 長い直線)
長い直線

また、こちら長野は、行く先々で春の訪れを感じました。
(写真7 春の訪れを感じる景色)
春の訪れを感じる景色

明科駅からは、3駅とまり、やがて冠着駅が近づいてきました。
(写真8 冠着までの運賃)
冠着までの運賃

次回の普通列車で横浜→長野は、さらに、篠ノ井線の篠ノ井駅(長野駅)方面へと続きます。