にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この春(2017年)に、青春18きっぷを使い、遠出を3回したうちから、横浜(神奈川県)と名古屋(愛知県)を、東海道線の普通列車(別料金のかからない新快速を含む)のみで日帰り往復した記録の8回目です。

前回記事の鉄道模型店、グリークマックス・ザ・ストア ナゴヤ大須店と、ポポンデッタ名古屋大須店から、わりとすぐのところに、「大須商店街」があります。
ときどき電子パーツを通販などで、このエリア内の店からも取り寄せることがありますが、ここを訪れるのは初めてとなります。
(写真1 第1アメ横ビル)
第1アメ横ビル

ますば、電気関係で象徴的な“第1アメ横ビル”からです。
それらしい、店舗の名前が並びます。
(写真2 店舗の案内)
店舗の案内

東京の秋葉原や、大阪の日本橋と並び、電気関係というと“大須”も有名ですが、ここは、アーケードのある大きな商店街で、街のイメージはだいぶ異なります。
(写真3 大須商店街)
大須商店街

通りも、人も多く、なれないと、とても不思議な感じです。
また、いくつもある長い歩行者天国の通りは、普通の車が通る道路とも交差しています。
(写真4 東仁王門通)
東仁王門通

大須商店街をあちらこちら巡っていると、都心ループバスに再び出会いました。
(写真5 名古屋市営バス・都心ループバス)
名古屋市営バス・都心ループバス

電気関係といえば、第2アメ横ビルもあります。
(写真6 第2アメ横ビル)
第2アメ横ビル

数は多いとまではいえませんが、いくつかのお店が入っています。
(写真7 第2アメ横ビル パーツセンター)
第2アメ横ビル パーツセンター

大須の街の最後は、大須観音方面に抜けて、名古屋市営地下鉄鶴舞線大須観音駅へ向かいます。
(写真8 大須観音)
大須観音

次回の「普通列車で横浜→名古屋」は、大須観音駅から名古屋市営地下鉄を乗り継いで名古屋駅にもどり、名鉄線へ向かいます。