にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
所用で東海道新幹線を利用して大阪へ行った際に、神戸・京都なども含め、鉄道も楽しんできた話題の4回目です。

梅田駅で少し待っていると、山陽電気鉄道の車両ばかりだったホームに、阪神の車両が入線してきました。
(写真1 阪神9300系)
阪神9300系

9300系につづき、普通用の5000系も入線してきました。
(写真2 阪神5000系)
阪神5000系

関西は、クロスシートのある車両も多く、すいている時間はのんびりできます。
(写真3 セミ・クロスシート車)
セミ・クロスシート車

梅田駅からは、まず、尼崎駅ゆきに乗車して出発です。
途中、淀川を渡りますが、とてもきれいに見えます。
(写真4 淀川を渡る阪神電車)
淀川を渡る阪神電車

尼崎駅は、大阪府から兵庫県へと変わりますが、あまり離れていませんので、すぐに着きます。
乗車した電車は終点なのでホームに降りると、何かきれいな車両が遠くに見えます。
(写真5 阪神の尼崎駅ホームから見える車両)
阪神の尼崎駅ホームから見える車両

尼崎駅では、何本か列車を見送りました。
(写真6 阪神電車尼崎駅 駅名看板)
阪神電車尼崎駅 駅名看板

その後、8000系に乗車して、神戸三宮駅まで向かうことにします。
(写真7 阪神8000系)
阪神8000系

その車内からは、先ほど気になっていた車両で、5500系のリニューアル車(リノベーション車両)の横を通っていきました。
(写真8 阪神5500系リノベーション車両)
阪神5500系リノベーション車両

“関西へ2017年春”は、さらに、阪神電車で神戸三宮方面へ向かいます。